スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試食

2011.06.23 日常
こんにちは。久々です。

日本に帰ってました。
日本は蒸し暑かったです・・・
あんなに汗かいたの、久々でした。


イギリスに帰ってきたら
すんごい寒くてすんごい天気悪くて
(暖房,ババシャツ、電気毛布フル回転!)
娘に買った半袖、本当出番なしです。


チャーリー元気です。寝てばっかです。
毛がひどく抜けるので先日犬の美容院で
相談したら

「毛を剃るか頻繁に連れてくるかしかない。」


と言われました。


剃ろうか真剣に考えてるほどひどい毛の量。
毎日掃除してもしても毛が舞ってます。
もしかしたら剃るかもしれません。

ちなみにお家ではシャンプーして
まだ石鹸がついてる状態でスリッカーで
とくといいそうです。


話が全然変わるのですが

最近スーパーが

ストロベリー&クロテッドクリームサンドイッチを発売

article-2005828-0CA586D200000578-345_468x373.jpg


フルーツサンドの大ファンである私なのですが
新聞によるとフルーツ&クリームの組み合わせの
サンドイッチを発売するのは
イギリスでは初の試みだそうです。
(新聞には「世界初」と書いてあったけど)

今回は何でもウインブルドン記念。
(と王子結婚記念もあると思う)



クロテッドクリームはスコーンにはさむ
脂肪分のとっても高いクリームなので
「ちょっと味気ない感じかなー。」と想像。

いつか食べてみようと思ったら旦那が買ってきたので
早速食べてみました。


感想。





美味しい!



びっくりしました。


味気ないクリームもイチゴの酸味が
上手に働いて何だか本当に
日本のフルーツサンドに限りなく近い感じでした!


しかし評判はよくないそうなので
ウインブルドンと共に去っていきそうです。


それまでにもう1回、いや2回くらいは食べたいなー・・・


スポンサーサイト

ありがとう。

2011.04.27 未分類
今回のチャリティーイベントに協力してくれた人たち。
いつもイギリス人の悪口ばかり言ってる私ですが
今回はイギリス人にも、日本人にも
本当に感動させられました。


以下、私がありがとうを言いたい人たち。


・企画に賛同して一緒に頑張ってくれた友達

・ラフルの賞品を提供してくれた
ものすごくたくさんの会社やお店、お友達

・日本からイギリスの友達に参加や
ラフルの賞品提供を呼びかけてくれた友達

・ボランティアをしてくれた人々

・売るケーキを作って持って来てくれたたくさんの人たち

・赤ちゃんがいるのに売るための石鹸を
たくさん作ってキレイに包んで持って来てくれた友達

・売るために自分の作った売り物のジュエリーを何個もくれた人

・19ポンドを集めてくれた近所のプレイグループ

・当日マッサージとマニキュアをして売り上げは全て
寄付してくれた知り合いのサロンの人たち

・ポスターを作ってくれた友達の旦那

・ポスターを大きく印刷して持って来てくれた友達

・何枚もあるポスターを1枚1枚ラミネートしてくれた
プレイグループの職員さん

・131ポンドを集めて寄付してくれた私が勤めていた会社

・当日道で10ポンドくれた人


・当日来てくれたファイヤーレスキューの人たちと犬

・当日パフォーマンスしてくれた居合道の人たち

・当日来てくれたたくさんのお客さん

・バザー品を提供してくれた人たち

・カレーやご飯を作ってきてくれた人たち

・「よく頑張ったね。」と抱きしめてくれたおばさん

・「楽しかった」といってくれた人たち

・ラフルの景品獲得に奔走してくれた友達やボランティアの人たち

・折り紙やコピー用紙を寄付してくれた友達の会社

・当日の映像や音響を手配してくれた人

・ドーナツを差し入れてくれた友達

・備品を貸してくれた友達の会社

・ポスターを貼ってくれたたくさんのお店

・ラフルチケットを事前に売ってくれた旦那、義母、友達

・ヘアスタイリングのストールを出してくれた人

・イベントの後5ポンド寄付してくれた八百屋さん

・イベントの後5ポンド寄付してくれた友人の同僚




私がチャリティーイベントしようって気持ちになったのは
しらない間に私にチャリティー精神を植え付けてくれた
イギリスのおかげだと思っています。
イギリスにもお礼が言いたい!



今回人と人は支えあって生きるものだということを
学びました。
みなさんの温かい気持ち、一生忘れないと思います。
そして皆さんが日本を思う気持ち、本当に嬉しかったです。

地震チャリティー(2)長文です。

2011.04.18 文化
前回の続きです、
今日は当日の様子書きたいと思います。


当日はオープンと同時に何人か来てくれ、
その後人はどんどん増え、12時、13時は
ものすごい人でした。
(イベントは11時から15時まで)


特にラフル(くじ引き)が大人気で
急に増員したほどでした。


ラフルの様子です。


DSC_6633.jpg




カフェも行列、みんなが焼いてきたケーキ、
(イギリス人のママ友はカップケーキを5箱分も
焼いてきてくれました!)
プロが寄付してくれたケーキ、
中にはどら焼きなどもありましたが
「こんな量どうするんだろ?」というくらいの
量が集まったのに完売。
ホールで買ってくれた人も。


ケーキストールの様子
(日本人は念のため顔を隠してあります。)

cake_20110419043422.jpg
cake1.jpg


写真に写っている黒人の男の人が
プロのケーキ屋さんです。
みにくいかもしれませんが金髪のおばさんの
前のピアノの形のケーキ他、
素晴らしいケーキをホールで3つも寄付してくれました。




友達のハンドメイドソープも、ジュエリーも完売。


折り紙も習字もすごい賑わいを見せていました。

折り紙と習字の様子。
しおりを作って筆ペンで名前を書いてあげるのと
A4の紙に墨汁と筆で名前を書いてあげるものの2バージョンやりました。

origami1.jpg
syuji.jpg
boy.jpg



浴衣の着付けの様子。


IMGP4357.jpg
yukata.jpg
194161_10150118487793660_554108659_6532643_3693151_o.jpg




マニキュアもマッサージも大人気。
マニキュアの人はロシア人で
’チェルノブイリがあったから他人事のように
思えない。4時間だけじゃなくて何時間でも
やってあげる。’と言ってくれました。

マッサージの人も日本を助けたいと思っていたらしく
「またこういう機会があったら絶対にやらせて!」
と言ってくれました。
先日改めてお礼を言いにいったのですが
ビジネスがあまり上手く行ってないらしく(家賃が高く利益が出ない)
「もっとお客さんの来る場所へ引っ越す」と言っていました。
制服が破れたけど制服に使うお金があまりない、
とも言っていました。
そんな状況なのに貴重な土曜を潰して、売り上げを全て
私たちに寄付してくれたなんて本当に感動で泣きそうでした。



IMGP4362.jpg




あと、いまだに誰かわからないのですが
子供のプレイグループで会うらしき人が
「時間がなくてイベントには参加できないけど
寄付だけしたい」と10ポンドボランティアの人に
渡して去ったそうです。
お礼が言いたいのに誰なのかわかりません。
ありがたいです。




イギリスは地震のない国です。
不謹慎にも「地震体験してみたい。」って言う人が
たくさんいます。
だからこのイベントを企画したときに、
どうしてもやりたかったことがあります。



それは


「地震の怖さを伝えること。」



そこで世界で起こる地震をはじめ色々な災害を
助けるファイヤーレスキューチーム
(消防隊)に連絡をしました。


イベントの趣旨を説明したり、
寄付金はどこへ行くのか、
当日どういうことをレスキュー隊に望むのか、
など伝え、参加を交渉しました。
返事を待ってる間ドキドキでしたが
来てくれることに決定しました。
(レスキュー犬には絶対に来て欲しいとも
お願いしました!)


今回の東北地震にもイギリスから総勢59人のレスキュー隊と
2頭のレスキュー犬が派遣されました。
私の住むエリアからも7人と1頭、参加しました。


私とやり取りをしていたメディア担当の人が
気を利かせて派遣してくれたのは何と。


実際に日本へ救助活動へ行った消防士アレックス、
もう1人ニールは撮ってきた写真をスライドショーにして
提供してくれました。
(心が痛む写真の数々でした。)


そして、今年のクラフツでFriends for lifeの
ファイナルに残ったレスキュー犬エコーと
ハンドラーのマイクも来てくれました。
エコーはハイチの地震でがれきから生きていた
2歳の女の子を見つけた犬です。


実際私は今年クラフツを見ていて
彼らを応援していたので
来てくれると聞いて喜びで飛び上がりました!!


クラフツのときのビデオです。
地震レスキューの訓練をするエコーなどが
映っています。







大船渡へ救助活動へ行ったアレックスの話を
聞いたときには本当に現実を叩きつけられた感じで
胸がいっぱいになりました。
私だけでなく、皆悲痛な面持ちで聞いていました。


とにかく寒く救助活動も難航、見つかったのは
遺体ばかりだったそうです。


被災者のために
スーパーへ食べ物を探しに行っても
全て海水と混ざっていて何も
あげれる状態ではなかったそうです。


でもそんな中、誰かがおにぎりを
握ってくれたそうで
それがとても心に残ってると
言ってくいました。
「あたたかくて美味しかった。」そうです。
温かいって「心の温かい」を意味していました。


これはその後にイギリスのテレビで放送された
レスキュー隊の日本密着みたいなのを見たのですが
いろんな人が
「こんなにひどい災害なのに救助隊への感謝を
忘れず、皆が立ち止まってお礼を言ってくれる、
このことは一生忘れない。」
と言っていました。
「こんな人たちを置いて帰るのは辛い。」
とも言っていました。
レスキュー犬も日本の家屋に慣れていないため、
(木造)釘で足を切って大怪我したりしていました。


レスキュー隊に所属する人ってやはり
自分の命と引き換えにでも人を助けたり、
危険を顧みず人のために動いたり、
今まで思ったこともなかったけど
本当に素晴らしい仕事で、
素晴らしい人たちがやってるんだなって思いました。



アレックスはこの日もいろいろな日本人に
お礼を言われて胸が熱くなってる様子でした。
私の住む町から日本のために
救助へ行ってくれた人がいるって
本当に誇りだと思います。


写真後ろのスクリーンは
実際に彼らが日本で撮ってきた写真です。


190408_10150124475562197_553652196_7363630_548681_n.jpg
IMG_1671_20110419050946.jpg



左が日本へ救助に行ったアレックス、
メディア担当のポールと
エコーのハンドラーマイク、そして犬はエコーです。

rescue.jpg
197590_212814522066717_100000145110265_907997_873698_n.jpg










彼らはイベントも楽しんでいってくれました。
「お金は払わないで」と言ったのに
習字やお昼ごはんとして出してあげた
カレーに10ポンドも置いていったそうです。
彼らだってチャリティーなのに
本当に心の温かさに心を打たれました。
(当日はもちろん無料で来てくれました。)



マイクとアレックス
(真ん中は私じゃないですよ!)

IMG_1680.jpg



イベントの後、ファイヤーレスキューの
サイトに、私たちの写真と一緒に

「とても素晴らしいイベントで僕たちを
温かく歓迎してくれました。
僕たちもとても楽しみました。」


と書いてくれました。



その他にはバンドや居合道の
デモをしてもらいました。


DSC_6662.jpg




楽しそうに折り紙を折っていた子供たち、
浴衣を着ることができて喜んでいた人たち、
ケーキやカレーを美味しそうに食べていた人たち、
(カレー、イギリス人に大好評!)
レスキューの話を真剣に聞いていた人たち、
居合道を一生懸命見てた人たち、
くじ引きの賞品に目を光らせていた人たち、

本当に頑張ってよかったなって思いました。




来てくれた旦那の同僚の子供は
習字や折り紙を喜んで学校に
持って行ったそうです。


くじ引きで当たった賞品を届けたときに
「よく頑張ったね」とハグしてくれた
イギリス人のおばさん、一生忘れないと思います。


娘のプレイグループで
何枚もポスターをラミネートしてくれた職員さん、
その場で19ポンド集めて寄付してくれた
ママさんたち。

イベントに来てその場で
50ポンドのチェックを切ってくれたお医者さん。

行けないからと先に20ポンドくれた友人の知り合い。

「行けないけどクジは買ってあげる。」と
買ってくれた旦那や義母の職場の人たち。
(67ポンド集まりました。)


そして日本のために募金をしてくれた
元職場の人たち。 (131ポンド集まりました。)


レジから5ポンド寄付してくれた行きつけの八百屋さん。



本当感動。



人は助け合って生きるもの、って思いました。



イギリス人だけでなく、こちらの日本人の方たちも
当日のボランティア、来場者として貢献してくれました。
最後にはボランティアをお断りしなければ
ならなかったほどたくさんの人が
「手伝いたい」と言ってくれました。




イベントの4日後、寄付してもらったお金を銀行へ
払い込みに行きました。
英国日本大使館の地震用特別口座です。


2873.66ポンド、振り込んできました。



日本円で約38万7千944円です。


これが少しでも、被災地のために役立てばと思っています。
1日でも早く、普通の生活が送れますように。



イギリスからも日本のことを思っています。




次回はありがとうリストを載せたいと思います。


地震チャリティー(1)

2011.04.14 文化
とっても久々で
ログインパスワードなんかも忘れてしまってて
やっと思い出してログインできました。

3月の地震に精神的にかなり打撃を受けてしまい、
被災地の人のことを思うと
普通に生活したり、何かを楽しんだりすることに
とても罪悪感を感じます。
海外に来ると日本全土が故郷のように
感じるので地震も皆さんが思ってるより
身近に感じています。

地震の報道を見ていたときに
何かしたいのに何も出来ない無力感に襲われ、
私にできることは何か考えたときに思いついたのが
チャリティーイベントでした。


そこから10日で友人への呼びかけ、
会場の手配から内容の計画、
ボランティアの募集、備品の手配、
メディアへのコンタクト(新聞に載りました。)、
ポスター貼り、チラシ配り、
などなどすごい勢いで進めました。
今思うとあのパワーはどこから沸いてきたのかわかりません。


内容は習字、カフェ、着付け、バザー、ラフル(くじ引き)
折り紙、ケーキ販売、マッサージ、マニキュア、ヘアセットなど。


カフェではカレーや飲み物を販売、当日何人もの日本人が
カレーやご飯を作って持って来てくれました。

ケーキはボランティアの人たちや、イギリス人のママ友、
友人の同僚の家族や友人なんかが作ってくれたものを販売、
バザーではいろいろな人からの程度のいい不用品のほかに、
友人が作ってくれたハンドメードソープやジュエリーなども販売しました。

マニキュアやマッサージは私がたまに行ってるサロン
の人が「是非手伝わせて。」と言ってくれました。
売り上げはもちろん全て私たちに寄付です。


習字を手伝ってくれた友人は乳がんで
2日後に手術だったのに
「どうしても手伝いたい。」と
手伝いに来てくれました。


くじ引きの賞品はすべて親切な人々の寄付で賄われました。
ラディソン、マリオットホテルは
無料宿泊券やお食事券、スパ券、ジム利用券、
その他色々なレストランからお食事券、
クリスピークリームからドーナツ1年無料券、
スタバはコーヒーや水筒、
イギリスの有名コメディアンはサイン入りDVD,
マンチェスターユナイテッドは博物館の家族券、
映画館が映画の無料券4枚などなど
書ききれないほどの素晴らしい賞品を集めることができました。

寄付してくれた会社の方々はもちろん、
お店を1軒1軒回ってくれた友人たちにも
頭が下がります。
私はスタバやクリスピークリーム、
地元のスーパーなどを回りましたが
皆いやな顔をせず、すぐに賞品を寄付してくれました。


ポスターを貼りに行ったり、チラシを配ってるときにも
温かい言葉をかけてくれた人々が居ます。
(ポスターは友人の旦那さんが作ってくれました。)



準備の段階からイギリス人のチャリティー精神、
温かさに毎日感動した日々でした。




下の写真は友人の作ってくれた石鹸
娘と同じ年の子が居るのにこんなにたくさん作って、
こんなにキレイに包んで届けてくれました。
感動しました。


DSCF7752.jpg


続きは次回




同じ犬

2011.03.06 英国の犬
以前紹介した
ドッグスホームを想定したCM,

同じ犬が違うCMに出ています!




ビールの宣伝です。

飼い主役は有名コメディアンです。
(ちなみにこの人、私と趣味があうのか、
2回も別のバンドのライブで目撃しています。)


相変わらずかわいい~!!




その他


散歩中に見かけました。


DSCF7266.jpg


チャーリーが見つけて
むっちゃ吠えてました。
基本的にチャーリーは弱虫なので
吠える相手は以下のどれかです。


相手が飛び掛かってこない状況に居る(写真のように)
お年寄り犬
自分より小さい


今日はお年より犬に
物凄い勢いで吠えてました。



最後はほほえましい光景でお別れ。


撫でています。

cha0.jpg
cha_20110307075352.jpg


仲があまりよくない2人
(赤子が一方的にチャーリーを
嫌がってる)ですが
最近ちょっと歩み寄っています。
赤子も
「チャーリー」と言えるように
なりました。
(「チャーンー」ですが。)












びっくりイギリス第2弾

2011.02.09 文化
これは去年の話になるんですが。

うちの娘がまだ10ヶ月くらいだった頃、
少し離れた町(治安が悪い)の
まぁ日本で言う児童センターへ
ベビーマッサージを習いに行きました。

そこにおばさんと若い娘が
男の赤ちゃん2人をつれて現れました。


おばさんが娘の双子を一緒に
連れてきてると思い、

「双子?」

と聞いたら

「違うよ、私の息子と娘の息子。」





エーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!





おばちゃんは息子と孫を
連れてきたわけです。


で、おばちゃんと思ってたら。




私より年下だったーーー!!!!!!!!!!





誰が見てもおばちゃん、なのに34でした。
で、娘は17。


娘はおばちゃんが17のときの子で、
その娘は今17歳、で、また子供産んでる。



しかもおばちゃんの赤ちゃんと娘さんの赤ちゃん、
2週間しか離れてないんだって。


コワーーーーー!!!


実母と2週間違いで出産なんてありえないーー!!!



蛙の子は蛙と思った瞬間でした。


というかイギリスはこういうことが良くあって
うちの娘を昼間に子供の集まる遊び場に
連れて行っても誰がおばあさんなのか
お母さんなのかぜんぜんわからないので
失礼がないように非常に気を遣います。



ちなみに英国で1番若いママは
11歳で妊娠、12歳で出産した子らしいです。


皆さんね、12歳の頃、何してましたか?
私はチェッカーズとCCBに夢中でしたよ。
子供がどうしたらできるなんてことも
知らなかったような・・・・





イギリスの玄関先

2011.02.01 文化
すごい放置してしまってすみません。
ネタ不足。
本当に子供ばっかの日々でネタが
全然ないんです。

そんな中で今日はちょっとしたネタを
見つけました。


イギリスの玄関先にあるもの。
どの地域のどんな家でも
必ずあるもの・・・


何だと思いますか?



小人の置物?(イギリスならでは)
ハンギングバスケット?(花の入った吊るすバスケット)
植木鉢?






いやいや、



これですよ!



DSCF6298.jpg
(写真はうちの玄関先)



赤い輪ゴム!!




何だと思いますか?




私4年位前に玄関先だけではなく、
道端にも輪ゴムがいっぱい
落ちてることに気づいたんですけど、
謎が解けるまでにあまり時間はかかりませんでした。





これね、日本だったらありえませんよ。





答えは



郵便が束ねてある輪ゴム。


ゴミ箱に入れるとか、
持ち帰る、


代わりに配達員が道や人の玄関先に
捨てていきます。




本当、なんてモラルのない国なんでしょうね。




以前誰かがこの事についてどっかで
怒ってるのを見たのですが
私も結構怒っています。



拾っても拾っても
玄関先が輪ゴムでいっぱいになるし、
輪ゴムだってロイヤルメールのお金で
買ってるのに毎年切手は値上がるし。



今まで拾った輪ゴム(かなりの数!!)、封筒に入れて
切手貼らずにロイヤルメールに出してやろうか?!

できれば近所住民と協力してやりたいわ、
そしたら絶対輪ゴム5箱くらいになる!!



最近のチャーリー


DSCF5907.jpg

見境ありません、幼児にも食べ物ねだってます。






あけましておめでとうございます。

2010.12.31 日常
といったもののイギリスはまだ夜9時です。
パーティーに行く予定だったのにドタキャンに
なりました。

皆さんは昨年1年どうでしたか?

私は人生で「仕事を辞める」という
大きな決断をした年でした。
あのまま娘が週5日、朝から晩まで
クオリティーの低いイギリスの
ナーサリーに通っていたかと思うと
ゾっとします。
色々大変ですが下した決断は正しかったと思います。


嬉しかったのはチャーリーが急に甘えん坊になったこと。
今まで自分からひざの上に登ってきたりとか全然しなかったのに
いまじゃ驚くほどの甘え犬です。かわいいです。


来年はどんな年にしたいかなー・・・・
健康で過ごせればいいかなー、という感じです。
実家の母が体調を崩してるようで
とても心配&健康の大切さを痛感してます。
食べすぎにも気をつけなきゃ。


そんなわけで皆さんの1年が素晴らしい年でありますように。
来年もチャーリー共々よろしく。




今週月曜のイギリスです。さむーい。
と言っても29日から寒さも緩みました。


ark.jpg












夢のようなツリー

2010.12.14 日常
先日ショッピングに行ったら面白いお店があったので
紹介します。


DSCF4639.jpg


ツリーのお店なんですけども。

すごいツリーがたくさん。



こちらはトイザラスの商品券やおもちゃがぶら下がってます。


DSCF4638.jpg



こちらはジンジャークッキーが山のようにぶら下がってます。


DSCF4636.jpg




チョコやトフィーとか。

DSCF4631.jpg

DSCF4633.jpg


DSCF4643.jpg




イギリスの有名クッキー店のクッキーたち。
(このツリーを買うとクッキー1年分も付いてくるそうです)


DSCF4630.jpg


こちらはイングランドクリケットチームのサイン入りバット?付


DSCF4645.jpg



ヘアケア商品付き

DSCF4644.jpg



イギリスの有名ドラマの俳優達のサイン入りツリー

DSCF4642.jpg




これは一風変わったガーデニング商品(種なやスコップなど)付

DSCF4640.jpg



他にも色々ありましたが
個人的にはどうかな~、トイザラズ商品券付が
1番欲しいかも・・・




実はこのツリーたち、病気の子供たちのための
チャリティーオークションツリーなんです。
ツリーはそれぞれの会社からの寄付です。


ツリーに貼ってある値段は「現在の価格」なので
最終的にいくらになるかわかりません。

ちなみに早めに締め切られた
マンチェスターユナイテッドの選手のサイン入り
ツリーは2000ポンド(30万くらい?)で落札されたそうです。



マンチェスターの恒例クリスマスマーケットにも
2回ほど行ってきました。
結構素敵ですけど「寒い!」それだけです・・・


写真で雰囲気を味わってください。



DSCF4788.jpg


DSCF4797.jpg

DSCF4794.jpg



みなさんもよいクリスマスを。
その前に1つ年取るんだよな~、憂鬱~・・・



もうそんな季節

2010.12.05 文化
寒い、ここ、マイナス11度・・・・

死ぬほど寒いです・・・


それにしてももう12月。
子供の頃は大好きだったけど
今は大嫌いです。
寒いし、1つ年取るし、クリスマスも
楽しくないし・・・


クリスマスと言えば
クリスマスカードを交換する
習慣のあるイギリスです。
(結構面倒くさい。)

クリスマスカード用の切手も
毎年出ます。

で。切手を買いに行ったら
今年の切手があまりに可愛かったので
紹介します。


去年はただのサンタだったんですけど
今年。


DSCF4567.jpg


ウォレスとグルミット。


イギリスの代表すべきアニメですよね。


DSCF4568.jpg



上がファーストクラスで下がセカンドクラス
の切手です。


ウォレスとグルミットあまり好きじゃないけど
使うのもったいない気がします。




それにしても1年本当早いですよね・・・



PS:昨日RSPCA(国営の動物保護団体)のクリスマスフェアへ
行きました。獣医による無料のヘルスチェックがあってすごくよかったです。
ちなみにチャーリーは7歳の割りにすごく健康、と診断され安心でした!

ビーグル同窓会

2010.11.25 英国の犬
イギリスのドッグストラスト(犬のリホーム施設)が
何ヶ月かに1回雑誌を送ってくるんですけど
前回か前々回の雑誌で

「ビーグル同窓会を開催したい。」

という人が載っていました。


というのは、1997年、実験用のビーグル
126頭が救われ、全て里親が決まりました。
(ポールマッカートニーの亡くなった奥さんが
金銭的援助をしたそうです。)

そのうち50頭はドッグストラストの
施設からリホームされたビーグルで
そのビーグルのうち1頭を飼っていた人が

「50頭の同窓会をしたい」


と呼びかけ、11頭が集合したそうです!


ビーグルたちは今14歳になり、
白髪まじりでちょっと太めになってましたが、
知ってか知らずか、尻尾を振って再会を
喜んでおり、その横で
飼い主達は紅茶を飲みながら
ビーグルの形のケーキを食べて
楽しんだそうです。


実際に救出に参加した人からの
スピーチなんかもあって感慨深い日に
なったそうです。


同窓会を呼びかけた人のビーグル、グルミットは
同窓会の数週間前に亡くなってしまったそうで
残念ながら不参加。
でも飼い主の別のビーグルが代わりに参加したそう。


救われた当初はトラウマで人間不信のような状態
だったそうですが、新しい飼い主のもとで
幸せに年を重ねてるようで
何ともほっとしました。

以下は当日の写真。
最後の写真は典型的ビーグル・・・・



group shot cropped
Hello old chap
Willow singing
Snoopy beagle licks cakes






チャーリーの夏

2010.11.16 英国の犬
もう過ぎ去った夏ですが、
この夏、チャーリーはドッグショーに参加する機会が
何度かありました。

成績から言いますと2勝2敗。

シニア部門で4位 (7歳からはシニア部門に参加できる)
レスキュードッグ部門で3位


負けたのは

「1番美人なメス犬」部門
「審査員が連れて帰りたい犬」部門


強敵が多くてねぇ、あまりいい結果が出ませんでした。


DSCF0736.jpg


審査の様子。




チャーリーよりも他にいろんな犬が居たので紹介。



注目は「最も飼い主に似てる犬」部門


1位の子。カワイさで優勝。


2_20101117071243.jpg


1位はともかく、2位、3位のオバちゃんたち、
飼い犬に似すぎ!!

3_20101117071242.jpg


4.jpg



「おしゃれな犬部門」



5.jpg


どこでこんなことするんでしょうね?

6.jpg

アップで。

7.jpg

花に蝶止まってます。



いつかはチャーリーが何かで1位に輝く日が来ると
いいと思います。

多分「卑しい犬部門」なら1位間違いなしです。

近況報告

2010.11.09 日常
最近公園へ連れて行ってもらっても
待ってる時間のが長い気がします・・・・


charlie_20101110050707.jpg


遊具エリア、犬、立ち入り禁止です。





PS:今日の面白ニュース。

スーパーで野菜やフルーツバラ(計量)買った人が
レジの女性の胸まで一緒に量りに乗ってた為に
過剰請求されたそうです。

すべて量りなおし、お金はその後無事返金されました。



最近むっちゃお気に入りのCM

2010.10.08 英国の犬


ドッグスホームに犬を探しに来たカップルが
素晴らしい犬に出会います!
チャーリーもこうだったらいいのになあ・・・


とにかくかわいくて
心温まるCMなので見てください!!

V 番外編

2010.09.27 文化
今日はライブ&仮装以外のVを紹介します。

キャンプはグラストンベリーで懲りに懲りたので
B&Bに泊まっています。
音楽が聞こえるくらい近くなのに(3キロくらい)1日目の
終わりにたどり着くのに1時間半くらいかかります。(渋滞で)


bb_20100928051109.jpg

B&Bです。
プールとかあります。牧場です。

DSCF2247.jpg

窓からの眺めです。


ネコ2匹と犬6匹飼ってるんですよ~。


私のお気に入りのコッカースパニエルちゃんです。


DSCF2259.jpg


旦那がオリの中の犬に会いに行ったら
あっという間に他の犬達(と子供)に囲まれてました。
窓から見ていて大爆笑の光景。ドッグウィスパラーかと
思いました・・・・


DSCF2250.jpg



dogs.jpg


道の途中にこんなものを発見。
日本で言う生産直売。


DSCF2453_20100928051325.jpg

かごの中です。

DSCF2454.jpg

ビンの中にお金を入れて持って行きます。
卵買いました。6個で70円くらいですよ、安い!!
リンゴも袋いっぱいで同じ値段です!


こういうのいいですよね~!





さて。フェスの会場に戻りまして。


間違い探し。


DSCF2384.jpg




やきそばが反対。
お兄さんの鉢巻きも上下反対だったんですけど
違うと教えてあげたら直していました。

すんごいまずそうな焼そばを800円くらいで
売っています。
天ぷら付きは400円増し!




酸素バー。


DSCF2407.jpg

美容室にフェイスペインティング。

DSCF2386.jpg


他にもマッサージがあったんですけど
10ポンド払って揉んでもらいました。下手でした。




お菓子屋さんもあったり。


DSCF2404.jpg


移動薬局に。

DSCF2400.jpg


遊園地もあります。
むっちゃ怖そうな乗り物ばっか(高さがあるヤツか
すごい速度で回転するかどっちか)で何も乗れません・・・怖い。

DSCF2397.jpg


こちらは「ヒミツの庭」です。




garden.jpg

今年はVIPの代わりにこちらだったのですが
VIPよりも狭いというだけで内容はこちらのが
断然よかったです。
タダのマッサージ、(10ポンドのマッサージより全然よかった。)
2回もマッサージしてもらいました。
移動美容室、きれいなトイレ、フリードリンク、
有名人のDJするダンスフロアなどなど・・・・
快適に過ごさせてもらいました★


来年も行くつもりです。やっぱフェスは楽しいですね~。



あ、私。今週で仕事辞めます。専業ママになることにしました。

仮装大賞

2010.09.14 Live
今年も行って来ました。Vフェス。
今年も仮装大賞、盛り上がってましたよ!
私のトップ5を発表します!


まずは5位

ウォーリーを探せ。

worry.jpg

誰も背が高くスラっとしていないとこが
選ばれた理由


4位

フランス人


french.jpg
french2.jpg
french3.jpg


どうして「フランス人」と言えば
ボーダーシャツにベレー帽、スカーフなんでしょうね。
首から下げたガーリックに笑いが止まりませんでした。




3位


KISS

kiss.jpg


左のふくよかな女性は何なのかよく
わかりません。赤はジュリー?!

KISS最高でした。



2位

ビレッジピープル!!
1位にしようか迷ったんですけどねえ、
1位の強烈さに叶わず惜しくも2位。


village_20100915054839.jpg

YMCA!!



1位

総司令官?


v4.jpg

v3.jpg

もうね、すっごいオーラ。
踊っても騒いでも歌ってもとにかく不気味。
不気味すぎて爆笑。


今年は前回に比べてかなり仮装的にはよかったなー。
私は仮装ではないけど浴衣でフェスに行くのが夢だったんですけど
20代のうちにやっておけばよかった、と
それ以外言うことないです、悔やんでます。




その他、5位以内には入れなかった方たち。
「何これ?」みたいな人ばっかです。




v1.jpg


スマーフ?(名前が出てこなくて「青い小人、チーズ」で検索しました。)

beer.jpg



man_20100915054133.jpg
mexican.jpg
tights.jpg
v_20100915054131.jpg
genshi.jpg


仮装じゃないけどすごい毛・・・

DSCF2451.jpg





今イギリスで1番嫌われてる女

2010.08.26 事件


イギリスの監視カメラが捕らえた映像なんですが、
ネコをゴミ箱に入れる女性。

15時間後、飼い主によってネコは発見されました。

飼い主が「この女性を探し出したい。」と
いうことになり、見つかったのですが
今イギリスで1番嫌われてる人物。
脅迫状がわんさか届いたりして
警察が見張ってるそうです。
で、イギリスのRSPCA(動物保護団体)
から取り調べを受けています。

普段は銀行員のおばさんで、
もう大人の娘が
「お母さん本当はネコ好きなの。信じて。」
なんて訴えてますが
本当に猫好きなら絶対にこんなことしませんよねー。

このおばさんもゴミ箱に入れてやりたい。

収穫祭2

2010.08.17 文化
ヨークシャーのジェリー(卵のオッサン)
の庭もいろんなものが実ってるようで
会社に持ってきてくれました。


写真は会社のキッチンです。


DSCF2051.jpg

「朝積みです。食べてください。」


プラムです。


はじめは山盛りだったんですけど
写真を撮りに行くころにはほとんど
食べられていました。


それが甘くてむっちゃくちゃ美味しかったんです。


前日も

「ヨークシャーのプラムです。」


のメモ書きとともにプラムが山盛りでした。


やっぱりヨークシャーから2時間かけて
みんなにプラムを持ってきてくれる
ジェリーは最高!

収穫祭

2010.08.12 文化
イギリス寒いです。
本当毎年毎年がっかりです。
日本ほど暑いのはイヤだけど
ここまで寒くてもねぇ・・・

先月は暖かかったんですよ、
でも毎年8月になると急に17,18度に
なってしまうんです。

まぁそんな中で
庭の野菜や果物たちが
何とか実りました。

収穫したのはインゲン豆、
ほうれん草、小松菜、ミニかぶ、
ラズベリー、苺(2粒のみ)
今はシソがわさわさで嬉しい限り。
トマトも色づいてきました。
ネギも伸びつつあります。
(とうもろこしはダメでした。)


今日は

DSCF1918.jpg


ブラックベリーを収穫しました!
昔は牧場まで獲りに行ってたんですけど
今は庭に木があります。
でもとげが生えてて痛いんですよね、気をつけないと。


多分ジャムにすると思います。



先週はお友達の庭のリンゴを頂きました。

DSCF1855.jpg


ジャムにしました。
スッゴク美味しいです!
普通に食べようと思うと酸っぱくて食べれません。



お花も結構成功したのですが、
うちの赤子と植えたひまわりが
咲きました。


komawari.jpg


ひまわりは元気をくれるので大好きです。



何か出来ないだろうか・・・

2010.08.03 英国の犬
先日地元の動物保護施設の
フェアに行ったと書いたのですが、
その施設が閉まってしまうかも
しれないそうです。


資金不足で。


早ければ10月にも。


新聞にSOSが載ってたので
読んだらとりあえず10月までの資金はあるけど
とのことでした・・・

目標5万ポンドで募金活動していますが、
今のとこ3000ポンド集まったそうです。

5万ポンドって大体650万くらい?
そう簡単に集まる金額じゃないので心配です。
従業員も給料カットで頑張ってるとのこと。


私もとりあえずの寄付は出来るけど
そんなことで救えるとも思わないし、
どう資金を集めたらいいのかさっぱり・・・


先日も捨てられた妊婦ネコと生まれたネコ
すべての面倒を見てすべて里親を
見つけたなんていい話を聞いたばかりだったし、
わんちゃんもたくさんいるし・・・


ずるがしこいヤツの商売は生き残って
どうして心優しい人たちがこんな目に遭わないと
いけないんでしょうか?


今週の土曜に資金集めのフェアが
あるので又行ってきます。

でも頭の中は「他に何か出来ないか・・・」
ってことでいっぱいです。

まとまりなくなってしまってすみません・・・・


DSCF0380.jpg


先日のフェアで買ったパディントンと大の仲良しに
なったチャーリーです。


めでたい7月

2010.07.22 日常
我が家には7月生まれが1人と1匹。

早いもので赤子も1歳になりました。
壮絶な出産から1年かー。
あのときは本当に死ぬかと・・・
(まだ産んでない人ごめん!)

1歳になり、いろんなことができるように
なりました。
犬を指差して「わんわん」って
言ったりできます。


先日レストランでパーティーしました。


そのときにケーキを特注したんですけど。


見てください。


cake.jpg



cake2.jpg

ワンワンとモノランです。

参考画像:

monoran4.jpg
wanwan0712.jpg


すごくないですか?
イギリス人が作ったんですけど
当然おかあさんといっしょとか見た事ない人です。
それが送ったユーチューブの画像見ただけで
作ってしまいました。すごい砂糖細工です。

というか。TVチャンピオンのケーキ職人に
オバちゃんを推薦したい。


赤子はケーキに大喜びでした!
(当然食べてないけど)


ちなみにパーティー始まる前に
旦那のおばあちゃんがケーキを触ってしまい、
向かって左の黄色いヤツの髪の毛の両側が取れて
モヒカンになってしまいました。



そして7月生まれのおめでたい2人目。
赤子の翌日生まれ。


正式に「おばさん」の仲間入り。


チャーリーです。


関節も弱くなってきて、
寝てばっかりで、

なんだか衰えを感じる今日この頃。

でも食べ物に対するアツイ情熱は子犬のときのまま。

7年間、大きな病気もなくここまでこれてよかったな~。

そんなチャーリーには犬ハンバーグを作ってあげました。


プレゼントは毎年同じですが
チャーリーと赤子の名前でドッグスホームに
毎月寄付します。(自動引落とし!)
施設にいる犬達に誕生日を祝ってくれる
家族が早く見つかることを
願って・・・・


charlie_20100723054809.jpg

先日プロに撮ってもらった写真です。

いて座の女

2010.07.15 英国の犬

iteza.jpg


どうせ私は

iteza2.jpg


いて座の女

iteza3.jpg


お気がすむまで


iteza4.jpg



笑うが良いわ。





PS:この後飼い主に呼ばれて引っ込んでいきましたが
そのまま後退でした。
そりゃ向き変えれんわな。

Gerry's breakfast club

2010.07.08 文化
私が産休の間に始まってたのが

Gerry's breakfast club


ジェリーという名の同僚。
ヨークシャーに住んでいて
毎日2時間くらいかけて会社に来ます。



おっさん、庭でニワトリ飼ってるんです。



産みたて卵で毎週金曜に(たまに火曜も)
朝食作ってくれます。


DSCF0951.jpg



同じチームの人にしか作りません。


バターの塩味に卵がマッチして美味しいですよ!

パンは「バームケーキ」と呼ばれるパンで
イギリス北西部だけのものです。

このパンを使った人気サンドは
「チップバーム」

2qmdhls.jpg


ポテトフライサンドです。

too much 炭水化物!


詰まりそうだしマズそうなので食べたことないです。




話をジェリーに戻して。

先日彼のニワトリが隣の犬に襲われたそうです。

「かわいそうに。お墓作ってあげた?」

と聞いたら


おっさん普通の顔してパソコンで何かタイプしながら



「さばいて食べたよ。」



と言ったので返答に困りました・・・・



ニワトリたちに特に思い入れはないようです・・・


でも産みたて卵は最高。



2時間電車やバスに揺られてみんなのために
卵が割れないように持ってくるジェリーも最高です。


かわいいお庭

2010.07.06 文化
ガーデニングの国。イギリス。

以前行ってたベビーグループ
(仕事復帰したのでもう行ってないけど)
がある教会&お墓のお庭。
小さいけどとっても可愛かったので写真撮りました。


お庭に続く道もキレイ。
いつもじいさん3人くらいがテーブルと
折りたたみ椅子を出して
ビスケットと紅茶で手入れの合間に
休憩してます。
とてもフレンドリーなじいさんたちで
あいさつしないと通してもらえません。

DSCF9137.jpg


門はどなたかからの寄付。

DSCF9138.jpg

とにかく手入れが行き届いています。

DSCF9131.jpg


この椅子たち、結構いい味出してると思うんだけど・・・

DSCF9127.jpg
DSCF9130.jpg


物置ですらかわいい。
shed.jpg


ポツンとあるベンチ、座って本でも読みたい!

bench.jpg


このお庭で1番すきなのが


この空間。


DSCF9140.jpg


ミシン台はわざと置いてあるのか
昔から置きっぱなしなのかわからないけど
この古いミシン台がおしゃれで大好きです。


イギリスの庭はやっぱりいいですよ。
特に夏は。



ところで。

以前紹介したカップケーキ屋さん。

金曜のバナナカップケーキを求めて行ってきました!


DSCF9925.jpg


左上がバナナ。
バナナの形のラムネのようなものが
乗ってます。


右上は「6月スペシャル」の苺カップケーキ。

クリームはバタークリームなんで
美味しくなかったんですけど
ケーキ自体は美味しかったです。
イチゴのほうは苺ジャム入ってました。

でもやっぱ私はレモンが1番好きだなー。
(写真右下)


&旦那の誕生日に特注した

「チョコ中毒者の為のカップケーキ」です。

DSCF0569.jpg


暑さで持って帰る途中にクリームが
溶けてしまってキレイに見えないけど
届けてもらったときはキレイでしたよ。
&チョコがさほど好きでもない
私でも美味しかったです。