スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震チャリティー(2)長文です。

2011.04.18 文化
前回の続きです、
今日は当日の様子書きたいと思います。


当日はオープンと同時に何人か来てくれ、
その後人はどんどん増え、12時、13時は
ものすごい人でした。
(イベントは11時から15時まで)


特にラフル(くじ引き)が大人気で
急に増員したほどでした。


ラフルの様子です。


DSC_6633.jpg




カフェも行列、みんなが焼いてきたケーキ、
(イギリス人のママ友はカップケーキを5箱分も
焼いてきてくれました!)
プロが寄付してくれたケーキ、
中にはどら焼きなどもありましたが
「こんな量どうするんだろ?」というくらいの
量が集まったのに完売。
ホールで買ってくれた人も。


ケーキストールの様子
(日本人は念のため顔を隠してあります。)

cake_20110419043422.jpg
cake1.jpg


写真に写っている黒人の男の人が
プロのケーキ屋さんです。
みにくいかもしれませんが金髪のおばさんの
前のピアノの形のケーキ他、
素晴らしいケーキをホールで3つも寄付してくれました。




友達のハンドメイドソープも、ジュエリーも完売。


折り紙も習字もすごい賑わいを見せていました。

折り紙と習字の様子。
しおりを作って筆ペンで名前を書いてあげるのと
A4の紙に墨汁と筆で名前を書いてあげるものの2バージョンやりました。

origami1.jpg
syuji.jpg
boy.jpg



浴衣の着付けの様子。


IMGP4357.jpg
yukata.jpg
194161_10150118487793660_554108659_6532643_3693151_o.jpg




マニキュアもマッサージも大人気。
マニキュアの人はロシア人で
’チェルノブイリがあったから他人事のように
思えない。4時間だけじゃなくて何時間でも
やってあげる。’と言ってくれました。

マッサージの人も日本を助けたいと思っていたらしく
「またこういう機会があったら絶対にやらせて!」
と言ってくれました。
先日改めてお礼を言いにいったのですが
ビジネスがあまり上手く行ってないらしく(家賃が高く利益が出ない)
「もっとお客さんの来る場所へ引っ越す」と言っていました。
制服が破れたけど制服に使うお金があまりない、
とも言っていました。
そんな状況なのに貴重な土曜を潰して、売り上げを全て
私たちに寄付してくれたなんて本当に感動で泣きそうでした。



IMGP4362.jpg




あと、いまだに誰かわからないのですが
子供のプレイグループで会うらしき人が
「時間がなくてイベントには参加できないけど
寄付だけしたい」と10ポンドボランティアの人に
渡して去ったそうです。
お礼が言いたいのに誰なのかわかりません。
ありがたいです。




イギリスは地震のない国です。
不謹慎にも「地震体験してみたい。」って言う人が
たくさんいます。
だからこのイベントを企画したときに、
どうしてもやりたかったことがあります。



それは


「地震の怖さを伝えること。」



そこで世界で起こる地震をはじめ色々な災害を
助けるファイヤーレスキューチーム
(消防隊)に連絡をしました。


イベントの趣旨を説明したり、
寄付金はどこへ行くのか、
当日どういうことをレスキュー隊に望むのか、
など伝え、参加を交渉しました。
返事を待ってる間ドキドキでしたが
来てくれることに決定しました。
(レスキュー犬には絶対に来て欲しいとも
お願いしました!)


今回の東北地震にもイギリスから総勢59人のレスキュー隊と
2頭のレスキュー犬が派遣されました。
私の住むエリアからも7人と1頭、参加しました。


私とやり取りをしていたメディア担当の人が
気を利かせて派遣してくれたのは何と。


実際に日本へ救助活動へ行った消防士アレックス、
もう1人ニールは撮ってきた写真をスライドショーにして
提供してくれました。
(心が痛む写真の数々でした。)


そして、今年のクラフツでFriends for lifeの
ファイナルに残ったレスキュー犬エコーと
ハンドラーのマイクも来てくれました。
エコーはハイチの地震でがれきから生きていた
2歳の女の子を見つけた犬です。


実際私は今年クラフツを見ていて
彼らを応援していたので
来てくれると聞いて喜びで飛び上がりました!!


クラフツのときのビデオです。
地震レスキューの訓練をするエコーなどが
映っています。







大船渡へ救助活動へ行ったアレックスの話を
聞いたときには本当に現実を叩きつけられた感じで
胸がいっぱいになりました。
私だけでなく、皆悲痛な面持ちで聞いていました。


とにかく寒く救助活動も難航、見つかったのは
遺体ばかりだったそうです。


被災者のために
スーパーへ食べ物を探しに行っても
全て海水と混ざっていて何も
あげれる状態ではなかったそうです。


でもそんな中、誰かがおにぎりを
握ってくれたそうで
それがとても心に残ってると
言ってくいました。
「あたたかくて美味しかった。」そうです。
温かいって「心の温かい」を意味していました。


これはその後にイギリスのテレビで放送された
レスキュー隊の日本密着みたいなのを見たのですが
いろんな人が
「こんなにひどい災害なのに救助隊への感謝を
忘れず、皆が立ち止まってお礼を言ってくれる、
このことは一生忘れない。」
と言っていました。
「こんな人たちを置いて帰るのは辛い。」
とも言っていました。
レスキュー犬も日本の家屋に慣れていないため、
(木造)釘で足を切って大怪我したりしていました。


レスキュー隊に所属する人ってやはり
自分の命と引き換えにでも人を助けたり、
危険を顧みず人のために動いたり、
今まで思ったこともなかったけど
本当に素晴らしい仕事で、
素晴らしい人たちがやってるんだなって思いました。



アレックスはこの日もいろいろな日本人に
お礼を言われて胸が熱くなってる様子でした。
私の住む町から日本のために
救助へ行ってくれた人がいるって
本当に誇りだと思います。


写真後ろのスクリーンは
実際に彼らが日本で撮ってきた写真です。


190408_10150124475562197_553652196_7363630_548681_n.jpg
IMG_1671_20110419050946.jpg



左が日本へ救助に行ったアレックス、
メディア担当のポールと
エコーのハンドラーマイク、そして犬はエコーです。

rescue.jpg
197590_212814522066717_100000145110265_907997_873698_n.jpg










彼らはイベントも楽しんでいってくれました。
「お金は払わないで」と言ったのに
習字やお昼ごはんとして出してあげた
カレーに10ポンドも置いていったそうです。
彼らだってチャリティーなのに
本当に心の温かさに心を打たれました。
(当日はもちろん無料で来てくれました。)



マイクとアレックス
(真ん中は私じゃないですよ!)

IMG_1680.jpg



イベントの後、ファイヤーレスキューの
サイトに、私たちの写真と一緒に

「とても素晴らしいイベントで僕たちを
温かく歓迎してくれました。
僕たちもとても楽しみました。」


と書いてくれました。



その他にはバンドや居合道の
デモをしてもらいました。


DSC_6662.jpg




楽しそうに折り紙を折っていた子供たち、
浴衣を着ることができて喜んでいた人たち、
ケーキやカレーを美味しそうに食べていた人たち、
(カレー、イギリス人に大好評!)
レスキューの話を真剣に聞いていた人たち、
居合道を一生懸命見てた人たち、
くじ引きの賞品に目を光らせていた人たち、

本当に頑張ってよかったなって思いました。




来てくれた旦那の同僚の子供は
習字や折り紙を喜んで学校に
持って行ったそうです。


くじ引きで当たった賞品を届けたときに
「よく頑張ったね」とハグしてくれた
イギリス人のおばさん、一生忘れないと思います。


娘のプレイグループで
何枚もポスターをラミネートしてくれた職員さん、
その場で19ポンド集めて寄付してくれた
ママさんたち。

イベントに来てその場で
50ポンドのチェックを切ってくれたお医者さん。

行けないからと先に20ポンドくれた友人の知り合い。

「行けないけどクジは買ってあげる。」と
買ってくれた旦那や義母の職場の人たち。
(67ポンド集まりました。)


そして日本のために募金をしてくれた
元職場の人たち。 (131ポンド集まりました。)


レジから5ポンド寄付してくれた行きつけの八百屋さん。



本当感動。



人は助け合って生きるもの、って思いました。



イギリス人だけでなく、こちらの日本人の方たちも
当日のボランティア、来場者として貢献してくれました。
最後にはボランティアをお断りしなければ
ならなかったほどたくさんの人が
「手伝いたい」と言ってくれました。




イベントの4日後、寄付してもらったお金を銀行へ
払い込みに行きました。
英国日本大使館の地震用特別口座です。


2873.66ポンド、振り込んできました。



日本円で約38万7千944円です。


これが少しでも、被災地のために役立てばと思っています。
1日でも早く、普通の生活が送れますように。



イギリスからも日本のことを思っています。




次回はありがとうリストを載せたいと思います。


スポンサーサイト

地震チャリティー(1)

2011.04.14 文化
とっても久々で
ログインパスワードなんかも忘れてしまってて
やっと思い出してログインできました。

3月の地震に精神的にかなり打撃を受けてしまい、
被災地の人のことを思うと
普通に生活したり、何かを楽しんだりすることに
とても罪悪感を感じます。
海外に来ると日本全土が故郷のように
感じるので地震も皆さんが思ってるより
身近に感じています。

地震の報道を見ていたときに
何かしたいのに何も出来ない無力感に襲われ、
私にできることは何か考えたときに思いついたのが
チャリティーイベントでした。


そこから10日で友人への呼びかけ、
会場の手配から内容の計画、
ボランティアの募集、備品の手配、
メディアへのコンタクト(新聞に載りました。)、
ポスター貼り、チラシ配り、
などなどすごい勢いで進めました。
今思うとあのパワーはどこから沸いてきたのかわかりません。


内容は習字、カフェ、着付け、バザー、ラフル(くじ引き)
折り紙、ケーキ販売、マッサージ、マニキュア、ヘアセットなど。


カフェではカレーや飲み物を販売、当日何人もの日本人が
カレーやご飯を作って持って来てくれました。

ケーキはボランティアの人たちや、イギリス人のママ友、
友人の同僚の家族や友人なんかが作ってくれたものを販売、
バザーではいろいろな人からの程度のいい不用品のほかに、
友人が作ってくれたハンドメードソープやジュエリーなども販売しました。

マニキュアやマッサージは私がたまに行ってるサロン
の人が「是非手伝わせて。」と言ってくれました。
売り上げはもちろん全て私たちに寄付です。


習字を手伝ってくれた友人は乳がんで
2日後に手術だったのに
「どうしても手伝いたい。」と
手伝いに来てくれました。


くじ引きの賞品はすべて親切な人々の寄付で賄われました。
ラディソン、マリオットホテルは
無料宿泊券やお食事券、スパ券、ジム利用券、
その他色々なレストランからお食事券、
クリスピークリームからドーナツ1年無料券、
スタバはコーヒーや水筒、
イギリスの有名コメディアンはサイン入りDVD,
マンチェスターユナイテッドは博物館の家族券、
映画館が映画の無料券4枚などなど
書ききれないほどの素晴らしい賞品を集めることができました。

寄付してくれた会社の方々はもちろん、
お店を1軒1軒回ってくれた友人たちにも
頭が下がります。
私はスタバやクリスピークリーム、
地元のスーパーなどを回りましたが
皆いやな顔をせず、すぐに賞品を寄付してくれました。


ポスターを貼りに行ったり、チラシを配ってるときにも
温かい言葉をかけてくれた人々が居ます。
(ポスターは友人の旦那さんが作ってくれました。)



準備の段階からイギリス人のチャリティー精神、
温かさに毎日感動した日々でした。




下の写真は友人の作ってくれた石鹸
娘と同じ年の子が居るのにこんなにたくさん作って、
こんなにキレイに包んで届けてくれました。
感動しました。


DSCF7752.jpg


続きは次回




びっくりイギリス第2弾

2011.02.09 文化
これは去年の話になるんですが。

うちの娘がまだ10ヶ月くらいだった頃、
少し離れた町(治安が悪い)の
まぁ日本で言う児童センターへ
ベビーマッサージを習いに行きました。

そこにおばさんと若い娘が
男の赤ちゃん2人をつれて現れました。


おばさんが娘の双子を一緒に
連れてきてると思い、

「双子?」

と聞いたら

「違うよ、私の息子と娘の息子。」





エーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!





おばちゃんは息子と孫を
連れてきたわけです。


で、おばちゃんと思ってたら。




私より年下だったーーー!!!!!!!!!!





誰が見てもおばちゃん、なのに34でした。
で、娘は17。


娘はおばちゃんが17のときの子で、
その娘は今17歳、で、また子供産んでる。



しかもおばちゃんの赤ちゃんと娘さんの赤ちゃん、
2週間しか離れてないんだって。


コワーーーーー!!!


実母と2週間違いで出産なんてありえないーー!!!



蛙の子は蛙と思った瞬間でした。


というかイギリスはこういうことが良くあって
うちの娘を昼間に子供の集まる遊び場に
連れて行っても誰がおばあさんなのか
お母さんなのかぜんぜんわからないので
失礼がないように非常に気を遣います。



ちなみに英国で1番若いママは
11歳で妊娠、12歳で出産した子らしいです。


皆さんね、12歳の頃、何してましたか?
私はチェッカーズとCCBに夢中でしたよ。
子供がどうしたらできるなんてことも
知らなかったような・・・・





イギリスの玄関先

2011.02.01 文化
すごい放置してしまってすみません。
ネタ不足。
本当に子供ばっかの日々でネタが
全然ないんです。

そんな中で今日はちょっとしたネタを
見つけました。


イギリスの玄関先にあるもの。
どの地域のどんな家でも
必ずあるもの・・・


何だと思いますか?



小人の置物?(イギリスならでは)
ハンギングバスケット?(花の入った吊るすバスケット)
植木鉢?






いやいや、



これですよ!



DSCF6298.jpg
(写真はうちの玄関先)



赤い輪ゴム!!




何だと思いますか?




私4年位前に玄関先だけではなく、
道端にも輪ゴムがいっぱい
落ちてることに気づいたんですけど、
謎が解けるまでにあまり時間はかかりませんでした。





これね、日本だったらありえませんよ。





答えは



郵便が束ねてある輪ゴム。


ゴミ箱に入れるとか、
持ち帰る、


代わりに配達員が道や人の玄関先に
捨てていきます。




本当、なんてモラルのない国なんでしょうね。




以前誰かがこの事についてどっかで
怒ってるのを見たのですが
私も結構怒っています。



拾っても拾っても
玄関先が輪ゴムでいっぱいになるし、
輪ゴムだってロイヤルメールのお金で
買ってるのに毎年切手は値上がるし。



今まで拾った輪ゴム(かなりの数!!)、封筒に入れて
切手貼らずにロイヤルメールに出してやろうか?!

できれば近所住民と協力してやりたいわ、
そしたら絶対輪ゴム5箱くらいになる!!



最近のチャーリー


DSCF5907.jpg

見境ありません、幼児にも食べ物ねだってます。






もうそんな季節

2010.12.05 文化
寒い、ここ、マイナス11度・・・・

死ぬほど寒いです・・・


それにしてももう12月。
子供の頃は大好きだったけど
今は大嫌いです。
寒いし、1つ年取るし、クリスマスも
楽しくないし・・・


クリスマスと言えば
クリスマスカードを交換する
習慣のあるイギリスです。
(結構面倒くさい。)

クリスマスカード用の切手も
毎年出ます。

で。切手を買いに行ったら
今年の切手があまりに可愛かったので
紹介します。


去年はただのサンタだったんですけど
今年。


DSCF4567.jpg


ウォレスとグルミット。


イギリスの代表すべきアニメですよね。


DSCF4568.jpg



上がファーストクラスで下がセカンドクラス
の切手です。


ウォレスとグルミットあまり好きじゃないけど
使うのもったいない気がします。




それにしても1年本当早いですよね・・・



PS:昨日RSPCA(国営の動物保護団体)のクリスマスフェアへ
行きました。獣医による無料のヘルスチェックがあってすごくよかったです。
ちなみにチャーリーは7歳の割りにすごく健康、と診断され安心でした!

V 番外編

2010.09.27 文化
今日はライブ&仮装以外のVを紹介します。

キャンプはグラストンベリーで懲りに懲りたので
B&Bに泊まっています。
音楽が聞こえるくらい近くなのに(3キロくらい)1日目の
終わりにたどり着くのに1時間半くらいかかります。(渋滞で)


bb_20100928051109.jpg

B&Bです。
プールとかあります。牧場です。

DSCF2247.jpg

窓からの眺めです。


ネコ2匹と犬6匹飼ってるんですよ~。


私のお気に入りのコッカースパニエルちゃんです。


DSCF2259.jpg


旦那がオリの中の犬に会いに行ったら
あっという間に他の犬達(と子供)に囲まれてました。
窓から見ていて大爆笑の光景。ドッグウィスパラーかと
思いました・・・・


DSCF2250.jpg



dogs.jpg


道の途中にこんなものを発見。
日本で言う生産直売。


DSCF2453_20100928051325.jpg

かごの中です。

DSCF2454.jpg

ビンの中にお金を入れて持って行きます。
卵買いました。6個で70円くらいですよ、安い!!
リンゴも袋いっぱいで同じ値段です!


こういうのいいですよね~!





さて。フェスの会場に戻りまして。


間違い探し。


DSCF2384.jpg




やきそばが反対。
お兄さんの鉢巻きも上下反対だったんですけど
違うと教えてあげたら直していました。

すんごいまずそうな焼そばを800円くらいで
売っています。
天ぷら付きは400円増し!




酸素バー。


DSCF2407.jpg

美容室にフェイスペインティング。

DSCF2386.jpg


他にもマッサージがあったんですけど
10ポンド払って揉んでもらいました。下手でした。




お菓子屋さんもあったり。


DSCF2404.jpg


移動薬局に。

DSCF2400.jpg


遊園地もあります。
むっちゃ怖そうな乗り物ばっか(高さがあるヤツか
すごい速度で回転するかどっちか)で何も乗れません・・・怖い。

DSCF2397.jpg


こちらは「ヒミツの庭」です。




garden.jpg

今年はVIPの代わりにこちらだったのですが
VIPよりも狭いというだけで内容はこちらのが
断然よかったです。
タダのマッサージ、(10ポンドのマッサージより全然よかった。)
2回もマッサージしてもらいました。
移動美容室、きれいなトイレ、フリードリンク、
有名人のDJするダンスフロアなどなど・・・・
快適に過ごさせてもらいました★


来年も行くつもりです。やっぱフェスは楽しいですね~。



あ、私。今週で仕事辞めます。専業ママになることにしました。

収穫祭2

2010.08.17 文化
ヨークシャーのジェリー(卵のオッサン)
の庭もいろんなものが実ってるようで
会社に持ってきてくれました。


写真は会社のキッチンです。


DSCF2051.jpg

「朝積みです。食べてください。」


プラムです。


はじめは山盛りだったんですけど
写真を撮りに行くころにはほとんど
食べられていました。


それが甘くてむっちゃくちゃ美味しかったんです。


前日も

「ヨークシャーのプラムです。」


のメモ書きとともにプラムが山盛りでした。


やっぱりヨークシャーから2時間かけて
みんなにプラムを持ってきてくれる
ジェリーは最高!

収穫祭

2010.08.12 文化
イギリス寒いです。
本当毎年毎年がっかりです。
日本ほど暑いのはイヤだけど
ここまで寒くてもねぇ・・・

先月は暖かかったんですよ、
でも毎年8月になると急に17,18度に
なってしまうんです。

まぁそんな中で
庭の野菜や果物たちが
何とか実りました。

収穫したのはインゲン豆、
ほうれん草、小松菜、ミニかぶ、
ラズベリー、苺(2粒のみ)
今はシソがわさわさで嬉しい限り。
トマトも色づいてきました。
ネギも伸びつつあります。
(とうもろこしはダメでした。)


今日は

DSCF1918.jpg


ブラックベリーを収穫しました!
昔は牧場まで獲りに行ってたんですけど
今は庭に木があります。
でもとげが生えてて痛いんですよね、気をつけないと。


多分ジャムにすると思います。



先週はお友達の庭のリンゴを頂きました。

DSCF1855.jpg


ジャムにしました。
スッゴク美味しいです!
普通に食べようと思うと酸っぱくて食べれません。



お花も結構成功したのですが、
うちの赤子と植えたひまわりが
咲きました。


komawari.jpg


ひまわりは元気をくれるので大好きです。



Gerry's breakfast club

2010.07.08 文化
私が産休の間に始まってたのが

Gerry's breakfast club


ジェリーという名の同僚。
ヨークシャーに住んでいて
毎日2時間くらいかけて会社に来ます。



おっさん、庭でニワトリ飼ってるんです。



産みたて卵で毎週金曜に(たまに火曜も)
朝食作ってくれます。


DSCF0951.jpg



同じチームの人にしか作りません。


バターの塩味に卵がマッチして美味しいですよ!

パンは「バームケーキ」と呼ばれるパンで
イギリス北西部だけのものです。

このパンを使った人気サンドは
「チップバーム」

2qmdhls.jpg


ポテトフライサンドです。

too much 炭水化物!


詰まりそうだしマズそうなので食べたことないです。




話をジェリーに戻して。

先日彼のニワトリが隣の犬に襲われたそうです。

「かわいそうに。お墓作ってあげた?」

と聞いたら


おっさん普通の顔してパソコンで何かタイプしながら



「さばいて食べたよ。」



と言ったので返答に困りました・・・・



ニワトリたちに特に思い入れはないようです・・・


でも産みたて卵は最高。



2時間電車やバスに揺られてみんなのために
卵が割れないように持ってくるジェリーも最高です。


かわいいお庭

2010.07.06 文化
ガーデニングの国。イギリス。

以前行ってたベビーグループ
(仕事復帰したのでもう行ってないけど)
がある教会&お墓のお庭。
小さいけどとっても可愛かったので写真撮りました。


お庭に続く道もキレイ。
いつもじいさん3人くらいがテーブルと
折りたたみ椅子を出して
ビスケットと紅茶で手入れの合間に
休憩してます。
とてもフレンドリーなじいさんたちで
あいさつしないと通してもらえません。

DSCF9137.jpg


門はどなたかからの寄付。

DSCF9138.jpg

とにかく手入れが行き届いています。

DSCF9131.jpg


この椅子たち、結構いい味出してると思うんだけど・・・

DSCF9127.jpg
DSCF9130.jpg


物置ですらかわいい。
shed.jpg


ポツンとあるベンチ、座って本でも読みたい!

bench.jpg


このお庭で1番すきなのが


この空間。


DSCF9140.jpg


ミシン台はわざと置いてあるのか
昔から置きっぱなしなのかわからないけど
この古いミシン台がおしゃれで大好きです。


イギリスの庭はやっぱりいいですよ。
特に夏は。



ところで。

以前紹介したカップケーキ屋さん。

金曜のバナナカップケーキを求めて行ってきました!


DSCF9925.jpg


左上がバナナ。
バナナの形のラムネのようなものが
乗ってます。


右上は「6月スペシャル」の苺カップケーキ。

クリームはバタークリームなんで
美味しくなかったんですけど
ケーキ自体は美味しかったです。
イチゴのほうは苺ジャム入ってました。

でもやっぱ私はレモンが1番好きだなー。
(写真右下)


&旦那の誕生日に特注した

「チョコ中毒者の為のカップケーキ」です。

DSCF0569.jpg


暑さで持って帰る途中にクリームが
溶けてしまってキレイに見えないけど
届けてもらったときはキレイでしたよ。
&チョコがさほど好きでもない
私でも美味しかったです。

夢、破れる。

2010.06.28 文化
しばらくぶりです。
赤子共々風邪引いて寝込んだりしてました。

週末なんて寝っぱなしでずっと
グラストンベリーの放送見てました。
今年は本当に天気が良くて
うらやましいくらいです。
何で私が行ったときは台風くらい天気が
悪かったんでしょうか・・・


ところで、日本、すごいですね!
ワールドカップ!
もう、イギリスよりいい試合しちゃって
すごいわ~。

日本人の友人宅で日本人総勢7人で
手巻き寿司食べながら見てたけど
大興奮してしまいました。
勝った時には万歳三唱でしたよ♪
万歳三なんて10年ぶりくらいかなー。



昨日のイギリス(最後の試合)は
散々だったじゃないですか。
今日会社お葬式みたいでした。
みんな夢破れて落ち込んでました。
そんな夢、初めから見なきゃ良いのにね、アハハ!


昨日の試合中も隣の家から

「いつもこうだよ!いつもこう!
イングランドは結局こうなんだ!」


という怒りの叫びがハーフタイムに

聞こえてきましたよ。


今日会社の帰りに用事でデパートに行ったら
「応援ディスプレイ」外してる真っ最中。
イングランドのユニフォームはすでに「セール」に
なってました。


この人たちの家もディスプレイ外さなきゃね。
(全部近所、散歩のときに撮りだめしました。)


englandhouse1.jpeg
DSCF0279.jpg
DSCF0278.jpg
DSCF0277.jpg
englandhouse.jpg
DSCF9809.jpg
DSCF0282.jpg
DSCF0280.jpg

DSCF9772.jpg

DSCF9771.jpg


友達の会社、すごいです。




1511575362_205.jpg



これ↓会議用机らしいですよ!
観客は新聞の切抜きらしいです。


1511575362_36.jpg




写真にはないですけど車のボンネットに
レッドクロス書いてしまった人まで居ました。


向かいの家との間に旗を渡してる人たちは
「旗渡したいんだけどいい?」って事前に
お願いするんでしょうか?



でも夢破れてチョット残念かも。
会社では結構お祭りムードでラジオ付けてたり
(前の会社はテレビ観戦してたけど)
旦那の会社は「ワールドカップ規則」があって
「自分の国が仕事中にプレイする日は
早く帰っていい」という規則まであります。
(公務員なのにねぇ)


前回イングランドの試合中にデパートに
行ったら皆テレビ売り場に居ましたよ。
誰も仕事してない!


で、明日の日本戦が15時からで又
日本人の皆さんと観戦するのですが
私以外は皆早退(会社の好意で)らしいですよー。



明日も日本ガンバレー!

助けてあげてよ!

2010.06.06 文化
ロンドンは土曜の気温が27度だったそうで
バッキンガム宮殿の衛兵が暑くて倒れてしまったそうです。



GUARDSMAN_516x384_119932a.jpg


周りの人たち!

助けてあげてよ!


助けてはいけない決まりになってるのでしょうか?!



イギリス人って結構こういうときサっと助けるものなんですけどね・・・

警告ですよ!

2010.06.05 文化

少し前にニュースを読んでたら


「雇用主の方々、ワールドカップ開催中の病欠に注意」


というのがありました。



サッカーとビールの国、イギリスならではのニュースなんですけど、
毎日50万人が二日酔いで出勤してるそうですよ。
それがワールドカップ開催期間にはもっと増えるであろうとのこと。


イギリスって病気で会社を休んでも有休が減りません。
だからちょっとした有休のように休んでしまう人が結構居ます。

「今日は何か乗り気しない。」「失恋した。」
「おなか痛い気がする。」「あの店のセールが始まる。」

なんて理由で休む人が山のように居ます。


特にクリスマス前は多いです。
友人の会社ではクリスマスムードになりすぎて
休んでしまう人がたくさん居て会社が機能しないと言ってました。


だから


ワールドカップ=飲みながら観戦=飲みすぎ=二日酔い=会社休む


ってことで正式な警告が出た模様です。



アルコール問題を扱うチャリティーが労働者と
雇用主にアドバイスを発行しました。


まぁ労働者には

「飲む代わりに運動しなさい」とかなんですけど


雇用主へのアドバイスで笑えたのが


「気持ち悪そうだったら家に帰るように言いなさい。」



もっと厳しくしようよ!



ちなみにうちの会社にアル中のおっさんが居たんですけど
去年クビになりました。

朝から酒の匂いプンプンで仕事中もウツラウツラしてたんですよ。
日本に帰ったときに一升瓶とちゃぶ台持って帰ってきて
あげようと思ったんですけど日本に帰ってる間にクビになってました。



日本ではこんな警告が正式に出されるなんてありえないですよね。


DSCF9682.jpg


今日もパン狙ってます。


赤子が大分前に「まんま」という言葉を覚えたので
何か食べてるとすぐ「まんままんま」と叫んできます。
寝静まってからじゃないとおちおち物も食べれません。
が。チャーリーも負けてないです。







最近アツい!

2010.06.04 文化
早いものでうちの赤子が来月1歳になります。


ささやかながらパーティーをするのですが、
ケーキ屋を探していたら
(日本のようなケーキ屋さんを想像しないでね。)
今「アツイ」物に気づきました!



それは


カップケーキ




大分前に雑誌で「サイドビジネスでカップケーキを焼く女性」の話が
載ってたんですよ、(クラブ帰りのクラバーに売っててそれが大人気らしい)
私もベーキングは好きなんでうらやましく読んでたんですけど
正直カップケーキがココまでアツイと思ってませんでした。



バースデーケーキを探すのにヒットするのはカップケーキのお店ばかり。
ここ1年くらいで倍増ですよ。



結局ケーキはバースデーケーキも作るカップケーキ屋さんに
オーダーしましたが、その人もすっごいカップケーキ作るんですよ!
今月末の旦那の誕生日にカップケーキをオーダーしたので又写真載せます。



で、「最近アツイわー、カップケーキ」と思って車を運転してたら
何ともカワイイお店を発見。
(周りのお店が寂れてるのでむっちゃ浮いてました。)


何のお店かわからなかったんですけど車を停めて入ってみることに。


DSCF9478.jpg





カップケーキ屋さんでした。



お店がとにかく可愛くてもう居るだけで幸せな空間。





DSCF9466.jpg

DSCF9474.jpg

DSCF9473.jpg
DSCF9465.jpg
DSCF9468.jpg
DSCF9467.jpg

DSCF9469.jpg




スッゴク小さなお店でお持ち帰りメインですけど
置いてある小物とか本当かわいすぎ。下から2番目の写真の
毛糸で編んだカップケーキが特に好きかなー。

絵葉書に出来そうなくらい可愛くない?




気になるカップケーキですが。


DSCF9471.jpg
DSCF9472.jpg
DSCF9470.jpg


日替わり5種類といつもあるメニュー5種類の計10種類。

紹介しますね。


常にあるのは

バニラ味(ピンクバタークリームトッピング)
チョコ味(チョコクリームトッピング)
バニラココア味(クリームチーズトッピング)
レモン味(レモンの皮入りバタークリームトッピング)
シナモン味(ナッツ入りクリームチーズトッピング)

日替わり

月:チョコ味(ミントクリームトッピング)
火:コーヒー味(ウォールナッツ入りエスプレッソバタークリームとコーヒー豆トッピング)
水:チョコ味(クリームチーズトッピング)
木:ココナッツミルク味(ピンクバニラバタークリームとココナッツトッピング)
金:バナナ味(生バナナとシナモンクリームチーズトッピング)




お値段は1つ1.80ポンド。6個で10ポンド。



イギリスの物価からするとカップケーキにこれは「高い」
(コストコは20個で12ポンドくらい。
ベーカリーでは1つ1.20ポンドくらい)



この日は4つ買ってきました。




DSCF9479.jpg


レモン味x2
チョコ味x1
チョコクリームチーズx1



チョコクリームチーズはイマイチでしたけど
レモン味は美味しかったですよ!レモン味好きなんで。
彼もチョコ味美味しいと言っていました。




気になるのはバナナ味。次回は金曜に行って来たいと思います!!




ちなみに結婚式でもウエディングケーキの代わりに
カップケーキを使う人が多いようですよ!


1250588728.jpg




家の赤子のケーキを作る人のギャラリー、良かったら見てください。
すごいですよ!!


特に今アツイのはワールドカップにちなんだ
サッカーボールとかのカップケーキだそうですよ。


味のワールドカップ

2010.05.22 文化
以前国民のアイデアでポテトチップスを作るという
記事を紹介しました。(こちら
同じメーカーが今度は


味のワールドカップを開催中!


それがすごい品揃え。本当にワールドカップ。

ここで見てください。






アメリカ    :チーズバーガー 
アルゼンチン  :グリルステーキ  
オーストラリア :BBQ カンガルー  
ブラジル    :サルサ  
オランダ    :エダムチーズ 
英国       :ローストビーフとヨークシャープディング  
フランス     :ガーリックブレッド(バゲット)  
ドイツ      :ドイツソーセージ  
アイルランド   :アイリッシュシチュー 
イタリア     :ミートソーススパゲッティ
日本       :照り焼きチキン
スコットランド  :ハギス
南アフリカ    :甘いチャツネ
スペイン     :チキンパエリア
ウエールズ    :チーズトースト





日本、照り焼きチキンだって。まぁ日本といえばTERIYAKIって
外人多いからね。

それにしてもイタリアで「ミートソーススパゲティー」って。
本場なんだからもっと凝ったパスタにしてあげてよ!
ってかピザでよかったんじゃ?そしたらピザポテトみたいで美味しかったかもなのに。



早速試食。



興味本位で私が最初に手にしたのは・・・・





ドイツ。





ジャーマンソーセージです。



抵抗なく食べれそうだな、上手く行けば美味しいかも。


と思ったんです。



一口目はコンソメのような感じ。
食べ終わった感想、わかりにくくてすみませんが

「こんなもんかな。」


って感じでした。


特にソーセージという感じではありませんでしたよ。


実はまだドイツしか制覇していませんが
以下色々試した友人たちの感想


「オランダ美味しかったよ。」
「照り焼きは全然照り焼きの味じゃなかった。」
「カンガルーが1番良かったな」
「南アフリカいけたよ!」



私が次に試したいのはパエリアと無難なチーズ系。
試したくないのはハギス(羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でた伝統料理。)
カンガルー。




皆さんはどれを試したいですか?!

Walkers_Cup_GR.jpg


もうそんな時期?

2010.05.14 文化
今日運転してたらこんなの見ました。





DSCF9147.jpg



ワールドカップ。



もうすぐですねー。



これは不動産屋が売りに出している家の前に立てる看板です。



ワールドカップとかユーロ何とか(2000とか)の前になると
この不動産屋の看板は
「カモン イングランド」のレッドクロスの看板に変わります。



もうあれから4年かー・・・



私は特にサッカーファンではないのでこの看板が
世界規模の大会が近いという目安になってます。





ちなみに普段の看板は↓

SAL090074_01.jpg



見えますか?違うでしょ?(色は一緒だけど)



まぁ何処が勝ってもいいですけど日本頑張ってほしいですね。


日本VSイングランドは来月末でしたっけ?夫婦喧嘩が起こらないといいんですけど・・・




***業務連絡****
あやちゃん、ポテトチップスの件、時間が遅くなってしまったので
次回にします。ご期待ください。

いくらなんでもこれは・・・

2010.03.10 文化
IMG_8831.jpg

びっくりです。


ピザに

エビフライ
みそかつ


が乗ってて


Mサイズに3本
Lサイズに5本



手羽先が付いてくるそうです・・・・



単品ずつでは好きだけど。
いっぺんにピザに乗せられても食べれんがね。



クリスマス報告

2009.12.26 文化
みなさんクリスマスはいかがでしたか?

私は相変わらずつまらなかったでした。


うちは彼の実家に行くんですけどね。

彼の家のクリスマスディナーを紹介します。


IMG_7738.jpg



写真にはないんですけど茹で野菜以外すべて冷凍でーす。



クリスマスくらいちゃんと作ればいいのにねぇー。
ターキーはパッサパッサでまずかったしさー。
ちなみにこのお皿、お母さんとお父さん、結婚祝いで
もらって(35年位前?)以来ずっと使ってます。
本当にケチ物持ちがいいんだから。

ちなみにお母さん、「週末は私も休み」だそうで
彼が生まれてから一度も週末に料理したことないそうで、
各自トーストなんかを夕食に食べるそうです。



プレゼント?





私今年



義両親に




球根





もらいました。(水仙の)


あと安いリップグロス。小学生じゃないってのに。


赤子の方がいいものもらってました。
血のつながりは水よりも濃いんですね・・・



チャーリーは楽しんだようですよ~。


IMG_7742.jpg



食べれるクリスマスカードあげたんですけど。



IMG_7741.jpg



「庭に行きたい」と泣き続けまして。


出してあげたらすっごい勢いで土掘ってカード埋めてました。
(チャーリーは嫌いなものはすぐに庭に埋めます。)





せっかく買ったのに失礼だなー。






この日はみんなに甘えまくりのチャーリーでした。



チャーリーが来る日はソファにシーツをかぶせて
準備万端にしておいてくれます。




IMG_7764.jpg



お兄ちゃんとお母さんの間とか。



IMG_7766.jpg


お父さんの隣とか。



甘えたい放題でしたよ。



そんなチャーリー、明日からドッグシッターの家に行ってしまいます。

寂しい~。


私は4月半ばまで帰ってこないのでそれまでチャーリーに
会えません。こんなに離れたことないので辛いですが
久々の長期滞在、楽しみにしてます。


赤ちゃん連れ飛行機、心配だなー・・・・


というわけで更新も滞ると思いますが見捨てないでね。



みなさん良いお年を。

&来年もよろしくお願いします。









またまたクリスマスフェア

2009.12.10 文化
前回の続きで、今回はRSPCA(イギリスの動物保護団体)
のクリスマスフェアのレポートです。


場所はこん厳かな教会・・・

IMG_7515.jpg



の裏。




IMG_7516.jpg



一応教会付属の建物なんですけど教会の中ではありません。
ちなみに家から3分ほどです。




IMG_7517.jpg



タバコ休憩中のおばさんとシェパード君が迎えてくれました。
クリスマスフェアだけにおしゃれしててカワイイ(犬がね。)!




IMG_7521.jpg


IMG_7522.jpg


中はやはり他のフェアと同じで手作りケーキや
犬猫おもちゃ、未開封ギフトやクジなんかやってました。
私はいつも寄付感覚でクジやケーキを買います。
売上金はすべて活動資金に回されます。
働いてる人はみなボランティア、
クジの商品なんかは寄付品です。



IMG_7530.jpg


さっきのシェパード君、店番してますよ!




RSPCAだけにココに来ていた犬達はお家を探しています。
皆フレンドリーだったので早くいいお家が見つかるように
願っています。



IMG_7527.jpg
IMG_7520.jpg


こちらは募金箱。かわいいでしょ?


IMG_7536.jpg


こういうフェア、いろいろ買ってしまうんですけど
今回はビーグルのコースターとか
ボランティアの人が作った編みぐるみ、買ってしまいました。
(編みぐるみ結構好きなんです。)




IMG_7541.jpg



rupert_bear.jpg


下が見本なんですけど編みぐるみのほう、ハチに口刺されてしまったんでしょうか。
かわいいから許すけど。



先週は又別の動物保護団体のフェアでした。
やってることは同じです。

こちらのフェアはDJが居ました。
RSPCAよりも組織は小さいのにフェアはでかかったです。

IMG_7598.jpg
IMG_7599.jpg
IMG_7601.jpg

このおっさんのボトルはクジなんですけど
ほとんどミネラルウォーターでした。
ほとんど酒にしたほうが盛り上がると思うのですが。。。。


IMG_7602.jpg

手作りケーキたち。
1つ60円くらいから。ボランティアの人が作ります。

そういえば教会のフェアではすっごいおばあちゃんが
ケーキ売ってました。
2.10ポンド分ケーキを買ったら
「2ポンドです。」と言われ「おばあさん計算間違ってるわ、ラッキー」
と思って申告せずに2ポンドちょうど出したら
50ペンスおつりが来ました。
おばあちゃん・・・・こっちまで混乱。



今回もクジを買いました。




1ポンド出すとチケットを5枚くれて
自分の欲しい商品の横にある紙袋にチケットを入れる、
というクジです。


私は「プロによる写真撮影2時間」にチケットを入れました。






IMG_7600.jpg









そしたら何と。抽選で。









IMG_7603.jpg






当たってしまいました。





ウレシー!!!






写真はペットでも何でも好きな写真でいいそうです。
でも写真家の人はケネルクラブで賞を獲った凄腕ペットカメラマン
らしいのでチャーリー撮って欲しいなぁー。
でも赤子&チャーリーもいいなー。
彼は「せっかくだから家族全員」と言ってますが私は写真に
入りたくないんでどうするかわかりません。



何にせよ期限1年あるんでゆっくり考えます。

クリスマスフェア

2009.12.04 文化
クリスマスが近づいてきました。

イギリスではいろんな教会や団体が
毎週「クリスマスフェア」やっています。
お金を集めるのが目的なんですけどね。
手作りのものやお古のおもちゃ、未開封の
ギフトなんかが売っています。



先々週はチャーリーの散歩道にある教会の
フェアへ行ってきました。
いやぁ、教会には親切な人が多いですね、
皆さん天使のようでした。

中でも目を引いたのはおばあさん2人が売ってた
「サプライズパッケージ」
写真はないのですがパッケージの
包み紙に「6-8歳 女子」などと書いてあり、
自分の性別、年齢に合った物を買います。
もちろん中身はサプライズなんですけどね。
私は買わなかったので何が入ってたのか
わかりません&写真なくてすみません。
(非常に撮り難かった。)

手作りケーキやクッキーも売っていますよ。
カップケーキやクリスマスミンスパイなんかが
主なんですけど

この教会はこんなすっごいケーキ売ってました。


IMG_7447.jpg


アップで。

IMG_7448.jpg



作った人によるとこんなケーキ作ったの「初」だったそうです。

「うっそー。絶対ウソ!」と突っ込んでしまいました。
(試験の日に「全然勉強してない。」と言って
むちゃくちゃ勉強した人のウソみたいだと心で思った。)

すごいですよねー、くまちゃん家族がクリスマス楽しんでますよ。
七面鳥やサンドイッチ、ログケーキ、紅茶なんか並んでて細かい!
ちなみに写真1枚目、下に居るくまちゃんたちは何なんでしょうか。(階級制?)


先週はRSPCA(イギリスの動物保護団体)のフェアに行ったのですが
それは次回。


時間が少し余ったとこでチャーリーの新しい散歩コースご紹介。


IMG_7537.jpg
IMG_7538.jpg
IMG_7539.jpg



昔歩いてた牧場に比べたら全然小さいんですけど
住宅街の中にしてはまぁまぁのサイズの公園です。
たくさん散歩してる人が居ます。
中には子供の遊具エリアなんかもあるので赤子がもっと大きくなったら
一緒に来ることでしょう。



公園の出口。


IMG_7540.jpg

イギリス版「右見て左見てヨシ!」なのですが、

「止まって、見て、聞いて、生きる」

ちなみに実行してる子見たことないです。





IMG_7477.jpg


赤子が生まれてからものすっごく甘えん坊になったチャーリーです。
本当に同じ犬かと思うくらい甘えん坊ですよ。
今まで冷たい1匹狼だったのに・・・



速報

2009.11.06 文化
前に紹介した国民が選ぶポテトチップス、
勝者が決定した模様です。

いつ決定したのか知りませんが
昨日スーパーに行って気づきました。



勝者は。。。。。

bd.jpg


Builder's breakfast!



写真の人が発明者です。
何でも賞金750万くらいもらったそうですよ。


私は食べたことないですが
ビルダーの朝ごはん、フルイングリッシュブレックファーストの
味がするんでしょうね、予想するにケチャップ味なんですけど。


ってか今調べたら勝者決まったの5月みたいです。
忙しくて知らなかったなぁー。



ちなみに2位はオニオンバージ、3位はフィッシュアンドチップス
4位はクリスピーダック、5位はリス味、6位はチリ&チョコレート
となりました。



どうでもいいんですけど私が普通の
ポテトチップス(イギリスの)で好きな味は
チーズ&オニオンか普通の塩味です。

人間模様

2009.08.21 文化
いやぁ、本当に忙しいですよ。
今願いが叶うなら一晩でいいから
ジャマされないで寝たい。
あと1日でいいから家中を掃除する時間が欲しい。
掃除できないこともないんですけど
ガタガタやってると起きちゃうんですよね。

ところで、私は5日間病院に居たんですけど
これはイギリスでは長いほうです。
5日居るうちにどんどん人が入れ替わって
その病室のリーダーみたいになってしまいました。

4人部屋だったのですがそのときに出会った人
のことを書きたいと思います。

ちなみに病院は家の近くより会社の近くを選んだので
治安の悪い地区の人がたくさん来る
地域にありました。
入院していた人でタトゥーをしていなかったのは
私だけでした・・・


1)すごい体力の女性

帝王切開なのに「帰りたい」と駄々を捏ねて
出産の次の日に退院してしまった。


2)泣きっぱなしの女性

何故か私の病室には帝王切開で問題ありの人ばかり
入ってきました。(私も出産後に問題があったのでそこに
入れられたのかもしれませんが。)

その女性は出産した直後に赤ちゃんと離されてしまったらしく
(赤ちゃんに糖が出たそう)一晩中
「子供に会わせて~」と泣きっぱなし。
そして傷も痛いのか時折叫び声もしました。
旦那か彼か知らないけど来ると1分おきにキスしてて
「ブチュ」という音が1分おきに聞こえてきて非常に不快でした。

次の日には個人部屋に移っていきましたが
「うるさくしてゴメンね」と謝ってきました。
イイヤツじゃん!

ちなみに私が退院するときに部屋までお別れを言いに
来てくれました。ヤンキーだったけどいい人でした。



3)極めつけ。


この人が1番ヤバかった。

20歳なのに4人目の子らしいです。

話しかけてきたのですが

口を開けば「タバコ」。


生まれた赤ちゃんのことよりも「タバコ」

「もうタバコ2日も我慢してるからたまらない。」
「看護婦が明日吸わせてくれるって言うけど待ちきれない」

看護婦が来れば

「早く吸わせて。気が狂いそう。」


赤ちゃんを置いて1時間くらいどっかへ行ってしまうし、
そのときに

「泣いたらナースコール押しておいて。」

と私に頼みます。

話すときに歯を見たらとうもろこしみたいでした。
真黄色!!!


次の日、朝一で

「ライター持ってない?」


と聞いてきました。

家族が面会に来たのですが

みんなヤンキー。


驚いたのがその子の弟が「タバコ吸いに行ってくる」
(お前もタバコか!)とドアを出ようとした瞬間突然倒れたんです。
うちの彼が急いで「大丈夫か!」と駆け寄って
「早く看護婦呼んで!」って叫んでるのに家族は知らん顔でした。
しかもちょっと笑ってました。

倒れてるときに別の家族(10代女性)がお見舞いに来て
ドアのとこで倒れてる弟を見て「どうしたの?」と言いながら
またいでいきました。
ちょっとそこがコメディーっぽくて笑ってしまいましたが
ひどい家族ですよね~。

その弟はお金がなくて7キロくらい歩いて病院まで
来たそうですが、そこまでして会いに来たのにこの扱いはひどい。
まぁバス代がないってわりにタバコ代(イギリスはタバコ1000円くらい)
はあるのが不思議なんですけども。

弟はその後回復、家族みんなでタバコ吸いに行きました。
もちろん赤ちゃん置いて。



4)謎の女性

食堂で「今日退院なんだって?おめでとう!」
と話しかけられたんですけど今だに誰かわかりません。
はじめは(2)の女性だと思って
「赤ちゃん回復した?」と聞いたら
「大分よくなったよ、もうすぐ退院できそう」
なんて話てたんですけど
(2)の女性がお別れを言いにきたときに
「あれ?さっき食堂で話したの誰?」ということになり
ほんっとうに誰かわかりません。
話のつじつまも合ってたし、絶対(2)の女性だと
思ってたんですけど・・・・

カミソリで掘ったようなタトゥーが印象的でした。



日本に帰って出産しようと思ってたんですけど
イギリス結構よかったですよ!無痛だったし。
特に私は出産後輸血とか手術とかしたので
コレを日本でやってたらすっごいお金かかってた
でしょうね。イギリスはタダです。

病院食はすっごくまずかったんで母にお弁当を作って
もらっていました。最高でした。

あ、ちなみに母、2回目に面会に来たときに
思いっきり違う赤ちゃん(よりによって(3)の女性)
を覗き込んでニコニコしてました。
「お母さん、それうちの子じゃない。」と言ったら
我に返ってました。
あんたの孫、私のベッドの横に居るっての!!
わざわざ違うベッドの横で違う赤ちゃん見てるなんて・・・
2回目なんだから気づけよ!と突っ込みそうになりました。


IMG_6252.jpg


毎日退屈そうなチャーリーです。





April Fool

2009.04.03 文化
毎年触れてると思うんですけど、イギリスでは
4月1日エイプリルフールの新聞に

「嘘の記事」

が載ります。

どんなまじめな新聞にも載るのがすごいとこ。
(大体イギリスの新聞は普通の新聞にもヌードが載ってて
まるでスポーツ新聞。)

毎年私もムキになってどれが嘘か探すんですけど
何でも信じる私は例年のごとく全く見つけられませんでした。





さて。


今年の嘘記事、知りたいですか?



こちらです。






静かな映画館内で、音を立てずにポテトチップスを食べるのは至難の業だが、
このほどポテトチップスの大手製造元「Walkers」が、
静かに食べられる画期的なポテトチップスを開発、
映画館で試食されることになった。

「Walkers」は、音のでないポテトチップス商品化のために音響を専門とする
「London Institute of Sound Performance(LISP)」と共同作業を行い、
新商品「Ready Silent Cri-sshhp」を開発。
「LISP」によると、研究の結果、ポテトチップスを食べる際にでる大きな音の90%は、
最初の一口からくることがわかったという。

同商品は『Silent Crisp Technology(SCT)』
と呼ばれる技術を使用、大きな音がでないようにあらかじめ
細かく砕いてあるものの、既存の味と歯触りは
そのまま楽しめるようになっている。

「Walkers」のジェームズ・スティルマン研究開発部長=写真=は
「『SCT』は実験室で大変な成功をおさめている」と自信をもって
同商品を推奨。各袋には専用のプラスチック製スプーンも入っている。

売れ行きが好調な場合英国のほか、「Walkers」のパートーナー企業
「Deloof Neeb Evuoy」(※)を通して、欧州や中東でも
販売される予定になっている。
※「Deloof Neeb Evuoy」:youve been fooled(あなたは騙されています)
のさかさ読み。




2.jpg




研究開発部長さすが!
この嘘の為だけにパッケージを'Reay Silent'変えて、
自ら国民を騙す為に写真に応じる心意気。
国民をどれだけ真剣に騙したいか熱意が伝わってきませんか?



私が笑ったのは

ポテトチップスを食べる際にでる大きな音の90%は、
最初の一口からくることがわかったという。




よく考えたらわかりそうな嘘なんですけどね。
一口目も二口目もうるささは変わらないっての!


あと商品名。

(イギリスではポテトチップスを「クリスプス」と呼びます。)

「Ready Silent Cri-sshhp


太字=「シーッ、静かに。」にかけてまっせ!!


あと



『Silent Crisp Technology(SCT)』

と呼ばれる技術を使用


コレもよく考えたら絶対嘘ってわかるのに
何で騙されてしまったんだろう~!!悔しいー!




来年こそ見つけて見せます!

体を張って・・・

2009.02.20 文化
日本に帰ってあまりの景気の悪さに驚いたのですが
イギリスも老舗がどんどん潰れるような事態になっています。
会社の人員削減も進み、仕事があるだけで幸せな時代に
なってしまいました。


今朝会社に行くときにオジさんを見かけました。

おじさんは体の前後にポスターを貼ったボードを
つけていて

「メカニカルメンテナンスエンジニアです。仕事を探しています。」


と書いてありました。


そこは高速道路の出口で私の会社があるのは
産業地帯なのでいろんな業者の人がその高速道路の出口を
利用します。
おじさんはそこに目をつけてその場所に1日どれくらい立っているのか
知りませんが体を張って職探ししてるようです。



会社について上司にすぐそのことを話したら、
横から同僚が


「あのオッサン毎日居るよ、雪の日も雨の日も。」


と言うんで少しお気の毒になってしまいました。
聞くとこによると私が日本に帰ってる間からずっと居たそうで
約3週間毎日立ってることになるようです。

でも私は毎日あの出口を使うのに見たのは今日初でした。
しかも今日、おっさんを写してるカメラが居ました。

そして家に帰ってこのことを彼に話しました。
「お気の毒にね」なんて言ってたのですが


今さっきオッサンがニュースに出てました。


何とおっさん、朝5時半には高速の出口に居るようです。

「早く仕事を見つけないと家のローンが払えなくって
ホームレスになる・・・」

と言っていました。


が!


成果が実って今日、2つ仕事のオファーがあったそうです!!

どの会社に行くか決めてない、と言っていましたが贅沢な
悩みですよね。


とにかくおっさんに仕事が見つかってよかったです。
どんな手でも試してみるものですね!!


おっさんです↓

sand.jpg









キス禁止

2009.02.17 文化
今日新聞を読んでて笑ってしまったんですけど
これ、真剣な話です。

イギリスのある駅(うちからそこまで遠くない!)
で「キス禁止令」が発令されました。
破るともちろん罰金。

なぜかというと彼、彼女を駅に送って
別れるときにキスをすることにより
(車の中、または車を降りてその付近で)
タクシー乗り場周辺の渋滞が
起こるからだそうです。


駅は1ミリオンポンドの予算で改装中だそうで
この↓ 「キス禁止サイン」もその予算から出されたそうです。

front_page_Image_1_481175044.jpg

当然市民のひんしゅくかってます。

写真の影は突っ込みどころ満載ですよね。

マンガ道場の富永先生の絵のキスみたいだとか、
(口がとがりすぎ!)
女がにわとりみたいだとか。
男が絵に描いたような英国紳士だとか・・・・



キスしたい人は「kissing zone」でお願いしますとの事でした。





ところで。13歳の父親について。
私のコメントを待ってる人もいるかもしれませんが。

ニュースを見たとき、13歳の子があまりに子供顔で
びっくりしましたがそれ以外は驚きませんでした。
イギリスってそんな国です。
日本でかなり話題になってることの方に驚いています・・・・