スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の出来事

2006.02.28 日常
朝会社に行こうとドアを開けて門を出たら。

女の人が犬の散歩してました。

見たらビーグル!


嬉しくなって見てたら


道からパンの耳を拾って食べてた。


で、飼い主はもちろん。


「また食べてるの?!出しなさい!」

なんて怒ってる。

ビーちゃんは無視してパクパク。すっごい満足そう!!


飼い主に

「私もビーグル飼ってるけど見てないとすぐ拾い食いするんだよね。」

と話しかけたら。

「そうなのよ。いつも拾い食い。」

と困った顔で答えてきました。

典型的なこの光景に朝とても微笑ましく嬉しくなりました。

日本に帰ったときも散歩中のビーグルが垣根に頭を突っ込んでるのを
見て微笑ましくなったものです。

典型的なビーグルの行動ってカワイイですよね

写真は週末のお散歩より。

CIMG3500.jpg


どら怖かった!
スポンサーサイト

Against Animal Testing!

2006.02.27 日常
今日ですね、ガーデンセンターに行ったんですよ。
そこはすごい有名なガーデンセンターで北西イングランドで
ナンバー1になったくらいなんです。

ガーデンセンターっていうのはガーデンに関するものが
何から何まで売っています。
植物、庭用の家具、ペット用品などなど。
そして手作りジャムやなんかもあります。

そこのレストランが賞を受賞したくらい美味しいんですよ。
この辺って気軽に入れる喫茶店ってのがないんです。
だからそこにお茶しに行きます。ケーキとか手作りで
美味しいのです。


で、今日徘徊してたらカレがビーグルが表紙になってる
パンフレット見たいのを手にしました。

動物実験についてのパンフレットでした。

そのセンターのほかのどこにも置いていなかったのに、
植物の横に1枚だけ。

それを見つけたのが私たち。

なんか変な運命を感じました。

それを読んでたんですけど、この団体のウェブサイトも見てみました。

EU圏内では3秒に1匹、動物が実験により亡くなっています。
イギリス国内では12秒に1匹。

何でこんなひどいことを平気でするんでしょうね。
口が利けない、抵抗できないのをいいことに。

横で寝てるチャーリを見ると悔しさと怒りとやるせなさで
いっぱいです。

ここで皆さんにご協力願いたい!


このページの1番したの猫ちゃんの

SIGN OUR PETITIONS

をクリック。


薄青の字のCLICK HERE TO SEND THE...をクリック。

そこに名前、メルアド、住所なんかを記入して送ってください。

そしてもう1つ。同じページのねずみのポスターをクリック。
そこも同じように記入して送ってください。

これらは家事用品、バスルームのお掃除スプレーであったり、
キッチンの汚れ取りやこびりつきを取るものであったり、
洗剤であったり、そういうものへの動物実験をやめてもらうように
お願いする嘆願書です。

そしてここの1番したの猫をもう一回クリック。

このどくろのポスターをクリックすると、また
同じように記入できるので送ってください。

これはケミカルを使った動物実験をやめてもらうようにする嘆願書。

もちろんどの実験にもビーちゃんも使われています。

このページでは宣伝ではペットに優しいふりをしてる
あの会社がペットフードを作るのに動物実験いる現状が。メジャーなドッグフードの会社全部ですよ!許せん!!

みんなでボイコットしよう!

化粧品も。

これらがリストです。

下のほうのグレイでハイライトしてある会社はボイコットすべきもの。
上の2つのマスは使っていいほうです。
これも動物実験していない会社のリストです。

1番買いたくないのは日本でもおなじみこの会社。


真ん中の写真の下に商品のリストが載っています。


中には知りたくない。知らなくてもいい。
と思ってる人、山のように居ると思います。

私もチャーリーに出会うまではその1人でした。

現実を知ることであなたにも出来る何かがあります。

少しだけ時間を割いてわからない英語でも住所や
名前を記入して送る、ここにあげた会社のものは使わない、
などなど、小さなことでいいんです。

一緒に1匹でも多くの動物を救うためにがんばりましょう!!

意外な発見

2006.02.23 日常
チャーリーって葉っぱ類好きじゃないんですよ。
キャベツとかレタスとか。

果物もりんご意外ほとんど食べないです。

だから他のわんちゃんがキャベツ好きだとか聞くと
「すごいなー」って普通に思っちゃうんですけど、
この前餃子を作ったんです。

そのときに発見。

白菜が好き!

茹でたやつね。甘いからかなー。


こっちの白菜って日本みたいにでかくないですよ。
ほうれん草くらいのサイズで170円くらいです。

んで。ほうれんそうは日本みたいに束になってません。
葉っぱだけが袋に入って200円くらい。高い!

白菜は意外な発見でした。


CIMG3379.jpg


この開いてる扉の中はチャーリー専用スペースです。
おもちゃやシャンプー、洋服、フード、オヤツなんか
入ってるので開いてるとすかさず頭を突っ込んできます。

そして小腹が空いたときはこの扉の周辺を
うろうろしたりお座りして鳴いてアピールしてきます。

今までウッカリ開けっ放しにしたこと何回かあるけど
くい散らかしたことはないですよ。そ~っとおやつ1個
抜いてくくらいです

今日もなかよし?

2006.02.21 日常
いやらしいわ~。この上目遣い。

CIMG3401.jpg


テレビなんか見ちゃってさ。生意気。

CIMG3402.jpg


手が邪魔で見えねーんだよ!


CIMG3405.jpg



見えねーって言ってるだろうが!


CIMG3406.jpg

☆追いかけっこ☆

2006.02.20 日常
今日いつもの牧場に行ったら。

とんでもないハプニングに見舞われました。

チャーリーはオフリードにも慣れてきまして。
というのもドッグトレイニングの番組のおかげなんですけどね。

人がいないときだけ牧場の中だけはオフリードをします。

が2頭囲われてたんですけど、
そこの柵が調整中だったみたいで。

気がついたときにはチャーリーは。

と追いかけっこ!!!

チャーリーも馬もすっごい速かった!

けども。

2周したくらいで両者とも飽きたのか、
チャーリーは臭い嗅ぎに、馬は私のとこに
愛想を振りまきに来てたので大事には至りませんでした。

私は馬の方を心配したけど馬って蹴ると
すっごい強いでしょ??

だからもしかしてチャーリー蹴られたら
死んでたかも!と思うと恐ろしくて。

どっちも興味なくてよかった。ホントに。

事件現場

CIMG1206.jpg


CIMG1222.jpg

取れました。

2006.02.18 日常
昨日バンデージが取れました。

今回はエリカラなしだったけど、バンデージ取る前はこんな感じ。
見えるかな、ぐるぐる巻きのバンデージ。

CIMG3413.jpg




CIMG3420.jpg



CIMG3424.jpg


うわ~、目もうつろ。そして痛んだようです。
鳴いてたしなあ。元気だったけど。


とりあえず抗生物質をもらって毎日2回飲んでいますけど、
大好きみたいでバリバリ食べてくれるので楽です。

傷跡はこんな感じ。これも見難くてゴメン!

CIMG3434.jpg


ひえ~爪ないがや!

爪はそのうち生えてくるだろうけどそれまできれいにして、
舐めないように見ていてあげてください、とのご達しでした。

昨日触ったら「キャン!」と言ってたんでまだ痛いのかなあ。

早く完治するといいなグッドラックってことで。

チャーリーとギターと獣医

2006.02.13 事件
突然ですが。

チャーリーは今病院に居ます

あ。こうして書くと

「え?!何があったの!?!!」

って思ってしまうと思うんですけど。

ケガです。ケガ。

事の発端はですね。

昨日朝ごはんを食べながら新聞を読んでたら
チャーリーが机の下を落ち着きなくウロウロしながら
鳴くわけですよ、鳴くと言うか、

「ヒューヒュー、お散歩連れてってよー。」

って。

昨日もおとといもモノスゴイ天気悪かったんですよ、
雨で暗くて。だから小降りになったら連れて行こうと思って
無視をしていました。

そしたら何を思ったか彼が立ち上がって
フラメンコのギタリストのようにギターを弾きながら
チャーリーを追いかけ始めたわけです情熱的に。

運動のつもりなのか嫌がらせ(←100%こっちだと思う。)なのか。
チャーリーはギターが大嫌いなんです。音はもちろん、存在自体も。
壁に立てかけてあるとムチャムチャすばしっこく、
必要以上に迂回して通り過ぎます。

案の定すごい勢いで逃げまくってたわけですよ。

私が

「何でそんなことするの?かわいそうじゃんか。」

と言ったら彼は止めたんです。

で、また私も彼も新聞読んでたんですよ。

しばらくしてもすっごい静かなんでチャーリーの様子を見に行ったら

左足をちょっと上げて舐めてました。出血確認
触ったらすごい勢いで鳴いて痛がってたんで、大パニック。

血で良く見えなかったけど爪がぶら下がってるっぽい!

何で日曜にこんなことになるんだよ~!!!!!

とりあえずネットを駆使していろいろ探したら、

「とりあえず消毒して様子を見て次の日獣医に連れてった。」

人が多かったので

消毒して、包帯を巻きました。ムチャムチャ嫌がってましたよ。
ムチャムチャ鳴いてましたよ。ムチャムチャ噛まれましたよ。
初めは痛そうだったけど全然走るし、落ち着いてました。
包帯を嫌がって噛んでたけど。

ネットで読むと獣医では化膿止めを塗って、
バンデージをしてエリカラ。

ってのが多かったんでその程度だと思ってたら、今日彼が朝1で
獣医に連れて行ったところ。

「爪を取ります。1日預かるので夕方迎えに来てください。」

だって。

そんな大事だったのか!

傷口からバイ菌が入って体に悪い影響を及ぼすかもしれないから
爪を取り除き+消毒+化膿止め+バンデージ+エリカラ(あ~、またかあ!)だそうですよ。
お散歩もしばらくダメかなあ?太っちゃうよ、チャーリー。

5分程度で2000円程度だと思ってたのに
1日+16500円くらいだって。痛~い!

痛いけどそのままにしておくわけにいかないし、バイ菌入って体に
何か悪く作用して死んでしまったら悔やんでも悔やみきれないですよ。
っていうか絶対にそのままにしておくつもりなかったですけどね。

これが外の犬だったら気が付かないままですよ・・・コワイ。
チャーリーは家に来てから今まで健康診断、ノミ、避妊手術以外で
病院に行ったことなかったから怯えてるかなあ。がんばれよ~!!!

彼もこれに懲りてギターでの嫌がらせを止めてあげて欲しい!オー!

爪って大した事ないようだけど結構高いし大変なので
皆さんも気をつけてあげてね★


CIMG3392.jpg

ペットホテル見学

2006.02.06 英国の犬
週末に新しくできた犬用の施設を見学に行きました。

そこはハイドロセラピーっていう犬が泳いでストレス解消できる
プールや、大きなホールがあってアジリティができたり、
豪華ペットホテルもあるんです。

イギリスでこういう施設って初めて見ました!

行ったときはドーベルマンが泳ぎを練習してたけど
ものすっごい嫌がってて、大型犬だけに
プールから出てこようとするのを大人3人でせき止めてて
なんとも笑えました。

かえってストレスにならないかなあ?


で、ホテルを見学させてもらったんですけど、
「アパート」って呼ぶだけあってすごい。
日本ではこんなの当たり前かもだけど、1頭につき2室あって、
1室(2畳くらい)はヒーター&テレビつき、そこから1日の
決まった時間に開いているハッチを通ると屋根付きの外に
出れる(1畳位)仕組み。

毎日ヘルスチェックをしてくれたり、毎日外で
遊んでくれるようで、見学してよかった。

他のペットホテルは1晩1500円くらいだけど、そこは何と
1泊4000円。

でも「チャーリー寒くないかな。」「外に出してもらってるかな。」
とか心配するよりはいいんじゃない!?

店の中には犬用のビスケットが至るとこに置いてあったり、
コーヒーなんかの飲み物もタダ。

私が行ったときは犬&飼い主の椅子取りゲームなんかも
やってました。
近かったら毎週行くのになー・・・

ってことでウェブはここ


最近撮ったLOMOもできあがったので貼っておきますね★

Photo10_7.jpg


Photo04_1.jpg


Photo05_2.jpg


お馬ちゃんたちもイイヨ

Photo28_25.jpg


Photo29_26.jpg