スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスのうるう年

2008.02.29 文化
みなさん。知ってましたか?

イギリスではうるう年の2月29日は


「女性が男性にプロポーズしてもいい日」


なんですよ。

おかげで生放送番組や新聞は彼氏にプロポーズする女性のオンパレード。


指輪の箱を開けて片ひざついてプロポーズしてるんですけど
指輪の箱の中には誰宛の指輪が入っているのかすごい謎です。

自分用?


だったらすごい悲しい!


IMG_2147.jpg



「いやぁ、やっぱその辺は男性に任せておくべきだよね!」




スポンサーサイト

地震&笑った記事

2008.02.27 事件
イギリスで昨日地震がありました。(この5年で2回目)
一応ここから100キロ離れたとこが震源地で5.6らしいです。
私は何も感じませんでした。

でも会社の人たちは感じたそうです。


ほとんど地震がないのであるとみんながすごい騒ぎます。
今日は会社の人が「揺れたよ~、びっくりして外に出たんだけどさ・・」
って言った瞬間に


「外なんか出ちゃだめだよ!」


って言いたくなったんだけどさすがに地震のない国じゃ
対処法もわからないわなぁ。

みんな「お化けだと思った。」「誰かがベッドの下でゆすってるかと思った。」
とか言ってました。


ところで。今日新聞で面白い記事を目にしました。
エイプリルフールのような記事なんですけど、
バイアグラを飲みすぎた人の目が調子悪くなって何もかも青色に
見えるという記事だったんです。

新聞はその記事を青色でプリントしたので更に爆笑でした。


ちなみに彼は「チェルシーファン(サッカー・チームカラーが青)だったのが
救いだよ。」と冗談なんか言って余裕だそうです。



IMG_2344.jpg




Derwent Valley 2

2008.02.22 SHOPPING
さて昨日の続きです。

沈まされた街を頭の中で想像しながらどんどん歩き進みます。

IMG_2250.jpg



このブログの読者には飽きてしまったであろう羊の写真。



そういえば昔チャーリーがスグに他の団体に混ざってその団体の
飼い犬の振りをするって書いたんですけど、ついに瞬間を抑えました。



IMG_2254.jpg



まるで写真の夫婦の飼い犬・・・・



湖には鴨なんかもいますよ。



IMG_2267.jpg







IMG_2273.jpg



「この湖の下に街があったなんて信じられないね・・・」



その話はもう終わりましたけど。





そしてまたまた羊達に会いました。違う種類です。


IMG_2279.jpg




のどかでキレイじゃないですか?和みますよね!



IMG_2280.jpg



もちろん他のドッグウォーカーたちもたくさんいるんですけど、

この人は5匹も連れてましたよ。テリア、何テリアだっけ。ほら
よくカバンについてるやつ。スコティッシュテリア?


IMG_2285.jpg



湖を半周したんですけど半周すると逆側ですれ違った人に又会うんですよ、
このおっさんも上のテリアの人も2回目。
このおっさん、私達のこと覚えてたようで「又会ったね」なんて言ってました。


IMG_2289.jpg


「あ・あのぉ。もじゃもじゃした犬は苦手なんです・・・」





IMG_2294.jpg



「美味しそうな鴨たち・・・・」



IMG_2295.jpg



湖の間をつなぐ橋です。ここまで来た時は感無量でした。(折り返し地点)



イギリスのベンチはメモリアルベンチであることが多いんですけど、
このベンチを通り過ぎたときに彼が私を呼びました。

IMG_2307.jpg




あ、メモリアルベンチというのは故人の思い出として故人が好きだった
場所などにベンチを買って置くんです。木を植える場合もあります。
ベンチに座って故人を思い出す目的だったり、他の人にも故人が好きだった
眺めを楽しんでもらおうということです。



そしてこのベンチ、


IMG_2306.jpg


1999年に亡くなったポーリーンさんの思い出に置かれたベンチらしいです。
よくここを歩いていたようですが、1人ではなく、愛犬のキャンディーとよく
歩いてたと書いてあり、キャンディーのネームプレートもありました。
メモリアルベンチは今まで腐るほど見ていますが愛犬も一緒の
メモリアルベンチは初めて見ました。

キャンディーも1999年に亡くなったようですが
何があったのか少し気になります。



そんなこんなで約10キロ(以上!)湖を半周しましたよ!


車に戻ったら駐車違反のチケットが張ってあったんで爽快な気分が一気に
消え去りましたけども。


そこで又気分を盛り上げようとパブにいったんですけども。




IMG_2324.jpg


(尻尾に注目)


普段はパブでも大人しくしているチャーリーがなぜか鳴きまくり。
その目線の先にはチップス(ポテトフライ)が落ちていました。
あまりに鳴いて迷惑になるので仕方なくいちゃついてる熟年カップルの
足の間にあったチップスを拾いにいくハメになり最悪でした。
「邪魔しないでよ。」みたいな目で見られましたよ。本当。



パブでは代表的なイギリス料理、ステーキ&エールパイを食べました。

IMG_2327.jpg



ビールで煮込んだシチューみたいなもんですが、ビールの味がむっちゃします。
中には小さい小さいビーフが入って上にパイ生地が乗っています。
崩しながらステーキ&エールと食べるんです。


チャーリーは付け合せの野菜を食べていました、大喜びでしたよ。

IMG_2328.jpg


「その緑のもっとちょうだい。」


グリーンピース嫌いだから全部あげました。




帰りの車では当然グッタリのチャーリー。


IMG_2323.jpg



「早く帰ろう。」




冬はなかなか長距離歩けなくてずっと申し訳なく思ってたけどたくさん歩かせて
あげることができて私も大満足でした。

次回は湖を逆方向に半周したいね!








Derwent Valley

2008.02.21 おでかけ
本当に天気の悪いイギリスなのですが、先週はとても天気がよかったので
ずっと行きたかったDerwent Valley へ行ってきました。

犬雑誌におススメ散歩コースで載ってたのを見て以来ずっと
行きたかったんです。


こんな道を走っていきます。


IMG_2319.jpg
IMG_2320.jpg






うちからは約1時間少しです。



何があるかといいますと基本的に湖とダムです。
でもすごくキレイなんですよ。



IMG_2158.jpg




湖水地方のようです。



これは何だと思いますか?

IMG_2178.jpg



お城?


IMG_2186.jpg





正解はダムです!



こんな看板を見つけました。非常に古いです。



IMG_2185.jpg




水泳禁止、罰金5ポンド。
当時の5ポンドは多分今でいう30ポンドくらいの価値でしょう。

日本で言う「お堀の中に入らない」みたいなもんでしょうか。



お弁当タイムです。


IMG_2201.jpg


サンドイッチをねだるチャーリー。
なんだけども
この写真は「サンドイッチを詰まらせた彼を心配そうに見守る飼い犬」
に見えませんか?



進んでいくと、

IMG_2214.jpg



4匹犬が見えますか?スプリンガースパニエルかな?


アップで。

IMG_2217.jpg


大人しく歩く人々を見ていました。牧場犬です。




そして少し歩くとこんな素敵な景色に出会えます。

IMG_2232.jpg




とても静かな湖に見えませんか??

でも驚くことなかれ、何とたった60年前、この湖の下には街があったんです!


IMG_2238.jpg


IMG_2239.jpg



こんな街がいまだに湖の下に眠ってるんですよ。
神秘的ですよね。
何でも昔水不足だった為に住民を追い出してわざと街を
沈めて湖を作ったそうです。

60年前ってことは街があった時代を知るお年寄りがまだたくさん
居ると思います。お話聞きたいなー。
というかもうすでに地元小学校なんか回って語り継いでそうですけども。


旅はまだまだ続きます。(10キロも歩いたんです。)
続きは次回。





近況など。

2008.02.14 日常
お久しぶりです。
来月日本に里帰りするんですけどね、その際についでに
タイに行くことになりまして。
その下調べなんかで大忙しでしたがやっと落ち着きました。

更新しない間にいろいろありました。(その前の写真も含む)



雪が降ったりとか。(多分初雪)
本当はもっと積もってたんだけど散歩に出たときには
溶けてしまってました。


IMG_2062.jpg



IMG_2068.jpg




パンケーキデーなんてのもありましたねぇ。

IMG_2076.jpg




確か先週の火曜だったんですけど、この日はパンケーキを食べる日なんです。
日本で言う七草粥みたいなもんです。


私は「バカバカしいから嫌だ」と言ったんですけど文化を大事にする
彼が「作る」と言い張ったんで作ってもらった
これがすごく上手で美味しかった。


チョコバナナやハムタマゴマヨネーズなんかで食べました。
クレープみたいなもんです。



そして最近非常に天気がいいんですけど(今日から寒さが戻ったけど)
気分転換にちょっと違う公園に散歩に出かけてみました。




アヒルとかいっぱい居て餌付けというか腐ったパンを処理してる人たちが
いっぱい居ます。

あひるたちもフレンドリーです。



IMG_2081.jpg




このおばちゃんスゴイ慕われてた。

IMG_2082.jpg



でもこのおばちゃんは怖くて車から降りたものの前に進めなくて
困ってました。鍵をジャラジャラさせて「シッシッ!」なんてやってました。



IMG_2087.jpg





ヤンキーでも餌付けするんだー・・・

IMG_2101.jpg







チャーリーはあひるなんてどうでもいいみたいです。


IMG_2093.jpg



和みますね。こういうの見てると。


IMG_2104.jpg




ドッグウォーカーたちもいっぱい居ます。

IMG_2127.jpg




そんな中でかわいいトビー君に出会いました。



IMG_2111.jpg



「おっす!」



IMG_2115.jpg



「お前雑種?」



トビー君は典型的ビーグル!


飼い主のおじさん談ではトビー君は元捨て犬。
施設からもらってきたそうです。

それを聞いた瞬間、彼と

「こんないいビーグルが施設に!?」

と言い合ってしまいました。


躾がとても難しくて「今まで人生で何匹も犬飼ってるけどコイツが1番
難しいよ。他の犬見るとすぐケンカしに行くし本当に大変だ。」って。
でもチャーリーには仲良くしてたけどね。


「でも芸はいっぱい出来るんだぜ!」

なんてアピールも忘れない陽気なおっさんでした。


IMG_2114.jpg


「んじゃ!」





湖を越えるとまた小さい湖が出てくるんですけど(というか川?)
チャーリーもちょっと浸水。


IMG_2125.jpg



ちょっと暗いんですけど昼です。逆光です。


IMG_2136.jpg



あまり歩いていないのに疲れてしまったようです。
そういえば前来た時は雨の中湖を一周して死にそうでした。



IMG_2138.jpg




IMG_2135.jpg



「いい公園だね、又来ようね!
でもこんな↓おっさんもいるからちょっと怖いね。」



IMG_2103.jpg



この公園はバードウォッチャーがとにかく多いんですよ。
バードウォッチャー用の小屋も随所にあります。
上のおっさんは森に溶け込もうと必死でしたよ。帽子とジャケットを見れば
一目瞭然だと思いますけども。
(ってか子供の公園の横でこんな望遠レンズもったおっさんの写真、ヤバイ!)



公園の写真は逆光が多くてわかりづらいので空の写真も撮りました。
青空なんて次いつ拝めるのやら・・・・
やっぱ天気で人間の心は左右されますね。
週末本当に気分が良かったです。


IMG_2142.jpg




ワーキングドッグ100周年

2008.02.02 文化
今年でワーキングドッグがこの世に誕生して100年になるそうです。

ワーキングドッグといえば麻薬犬、盲導犬、警察犬、狩猟犬、救助犬、
羊追い犬、などなど今ではすっかりお馴染みです。
100周年とは何だか短い気がしますね・・・
知られていないだけで100年以上前からきっと存在してたとは
思いますが。



そのワーキングドッグ100年を記念して切手が発売されます。


m507342_WD_Set_Large.jpg

m507340_WD_cards_large.jpg
m507328_WD_FDC_large.jpg



6種類しかないのですが買おうと思っています。
それぞれのストーリーは紹介されていなかったのでわかりませんが、
今日新聞にはスプリンガースパニエル(最後の写真左下)の話が
載っていました。
何でも彼、麻薬どころかお金まで探知してしまうそうです。
麻薬取引などの報酬を運んでいる人が居るとお金の匂いを嗅ぎつけて
オフィサーに知らせるそうです。

バッグの中のお金はもちろん、服や靴の中に隠したお金、体の中に
隠したお金の匂いまで嗅ぎつけるそうですよ。
今まで何億ものお金を探知したすごい犬だそう。


肝心の彼はゲームをしてると思っているようですが・・・・



日本でも記念切手ってよく発売されますけどイギリスも同じです。



これはハリーポッター。


m506100_large_prod_miniature_sheet.jpg
m506098_large_prod_mint_stamps.jpg




これはエリザベス女王の結婚60周年記念。


m506558_15573_large_wedding_mint.jpg



こちらはイギリスの景色を集めた切手。


m502937_england_set_large.jpg





切手を買っても最近はめっきり誰かに手紙を送ることもなくなったのですが、
犬の切手を買ったら誰かに葉書でも出してみようかなと思ってます。

いい話だねぇ。

2008.02.01 英国の犬
今日新聞で読んだ話。

あるおばさん、毎日週4回か5回、犬とバスで出かけるそうです。
犬のバス代として週に10ポンド、約2000円ちょっとをバス代として
払ってたそうです。

ここまで読んで犬にまでバス代を請求するなんてどうなってんだ、と
思いました。犬は今までタダだと思ってましたから。
当然私はバスなんて乗らないんで犬が乗れるってのもうっすらとしか
知りませんでしたけど、犬に往復400円はないでしょ!40円ならわかるけど。


まぁそれは置いておいて。

そのおばさん、バスを使ってるうちに運転手たちと顔見知りになり、
運転手たちが自分達の社割みたいなのを使って犬に特別な
パスを発行してあげたそうです。


おかげでワンちゃんのバス代は週に5ポンド30ペンスに(約1100円ほど)に。
約半額!!


よかったねー、おばさん!


たまにこういう人情派の話を聞くと嬉しくなりますね。



IMG_1307.jpg



「バスに乗ってみたい。」