スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーグルまみれ旅(5) お買い物編

2008.08.23 おでかけ
今日はお買い物編です。

中にはお店も結構あったんですけどクラフツみたいな
ドッグショーではないのでお店は長靴やハンチング帽、
犬グッズでもワーキングドッグ用のお店が主でした。

驚いたのは高級車の展示。
場違いだと思ったけどカントリーメン(MEN)は持ってるんですね・・・


チャリティーのブースも少しありましたけど私が見つけたのは「ビーグルクラブ」


IMG_4347.jpg



約40円で一回やれるゲームを売っていました。
200円出して5回やって1回40円が当たりましたけど
勝ったお金で又買って負けました。


そこでおっさんと話してたわけですけど「狩猟ビーグルクラブ」
は聞くことが違いますね。


「どこ派?」


え?どこ派って・・・・



どうやらカントリーメンのビーグルにも派閥があるようで
「どこのビーグルサポートしてるの?」と聞かれたんですけど
わからなかったで「家のビーグル」と言っておきました。

その後は「子供産ませないのか」とか普通の人が聞かないような
質問をいっぱいしてきました。

そこで狩りのことについて聞いてみたんですけど

「狩り禁止になったのに今何やってるの?」



おっさんは周囲を気にして小声で


「まだやってるよ、ウサギだけどね。」


と。


やっぱ禁止になったからといって急に止めれないみたいです。
山に連れて行ってウサギを狩るといっていました。


そうじゃなかったらこんなフェスティバルも繁盛しないわな。



おっさんに別れを告げて立ち寄ったお店。



IMG_4320.jpg
IMG_4323.jpg

ハンティングドッグ専用の首輪やリードです。
ドッグフード、軍手やスコップなんかも売ってました。




IMG_4326.jpg

こちらはカモフラジャケットとか売ってたんですけど
何故かグレイハウンドのオーナー達に大人気。



IMG_4344.jpg


カントリーライフに欠かせないハンターの長靴。
今年はVフェスティバルでも驚くほどハンターを目にしました。
ケイトモス効果はすごいですね。



カントリーフードを紹介/販売するテントなんかもあります。


IMG_4399.jpg
IMG_4400.jpg
IMG_4402.jpg


これらはパイと呼ばれるイギリス料理、外はタルト生地のようになっていて
中にはいろいろ入っています。私は「ミート&ポテト」が好きです。




IMG_4403.jpg
IMG_4406.jpg

ケーキのお店です。



IMG_4407.jpg
IMG_4409.jpg

チョコレートやトフィーなど、甘いもののお店です。



IMG_4415.jpg

こちらは「ジンジャー」を使った食べ物を売るお店、ケーキ、クッキー、ジャムなど。




IMG_4416.jpg

こちらはスコーンにクリームティー、イギリスの伝統、
アフタヌーンティーのお店。


IMG_4419.jpg


これ、手描きのトイレの蓋です。カラフルですよね。
2万くらいするんですけど私が欲しいのはこちら↓。



IMG_4420.jpg

可愛くないですか?





IMG_4412.jpg


他にもお肉やジャムなんかを売る店がたくさんありました。



そしてここで買える食材を使ったお料理教室もありました。


IMG_4411.jpg

一応有名シェフらしいです。
散々待って作り始めたのは私が大嫌いな「ソーセージカセロール」
(イギリスソーセージの煮込み)でガッカリきましたよ!




そして今回、私が買ったのは写真集!


IMG_4794.jpg
IMG_4796.jpg

Hunting with Hounds
上は表紙と裏表紙。

狩猟にまつわる写真集なんでエグい写真が少しだけありました。


中身はこんなんです。


IMG_4798.jpg
IMG_4799.jpg
IMG_4801.jpg
IMG_4802.jpg
IMG_4803.jpg
IMG_4804.jpg
IMG_4805.jpg
IMG_4806.jpg
IMG_4807.jpg

4000円が半額以下になってたので迷わず買いました。
ビーグル可愛すぎ!!
まぁ字は一生読まないでしょう。写真見るだけです。



最後は恒例の隠し撮りで。

IMG_4417.jpg


吉田照美にそっくりでした。





次回はまたまたビーグルまみれになりますよ!
ハンティングディスプレイです!










スポンサーサイト

ビーグルまみれ旅(4)

2008.08.22 おでかけ
更新が遅くなってしまってごめんなさい!
先週末に恒例のVフェスティバル(今年はVIPでした!)
に参戦してたんですけど、もう歳には勝てませんね。
全然体力が回復しませんでした。
しかも雨でドロドロだったので長靴で歩き回って足パンパン。
カッパに傘で腕もパンパンでした。

今日は金曜なんで何とか頑張って更新する気になりました~。
Vフェスのレポは又と言うことで、今日はハリアー&フォックスハウンドの回でしたね。



ビーグルの真横のリングではハリアーの審査が行われていました。


IMG_4188.jpg


IMG_4187.jpg


下の写真の手前から2頭目、チャーリーに似てると思うんですけど
どうでしょう?
イギリスの肉屋はこういう白衣を着るんですけどこの白衣は
何でしょうね。





メインリングでは目玉のフォックスハウンドショーが。


IMG_4223.jpg


とてもフレンドリーな子を発見。


IMG_4224.jpg


こっちを見てる・・・



と思ったら

IMG_4225.jpg


飛び掛ってきました。




この子、誰にでもフレンドリーなようです。







IMG_4226.jpg





IMG_4236.jpg

絆がうかがわれます。



IMG_4228.jpg


IMG_4232.jpg



IMG_4318.jpg




P1030240.jpg



こちらも最後まで見なかったのでどの子が勝ったのかわかりません。



少し歩くとメインアリーナがあります。



そこで行われていたのは馬車の競争でした。
こういう衣装とか馬車、よく映画で見ませんか?


IMG_4332.jpg
IMG_4339.jpg


そこを更に進んだところではガンドッグのデモンストレーションが
行われていました。


P1030248.jpg

「私が司会進行役です。よろしく。」

P1030242.jpg

「笛を吹いたら。」


P1030241.jpg

「これを持って帰って来るんだぞ。」



P1030243.jpg


「いいか、あの辺だぞ。」




P1030244.jpg


大成功。

ゲームをしながら狩りを教え込むようですよ。


P1030255.jpg


ちなみにこの後おっさんは犬をもう一頭増やして技を披露していました。




IMG_4364.jpg

見学してる人は同じ黒ラブの飼い主ばかりでした。
やはり飼ってる犬種が1番可愛いんでしょうね、私と同じで。


メインアリーナに戻ると別のガンドッグのショーが。
このおっさんはガンドッグ界でも有名なおっさんんらしいです。
たくさんのラブちゃんたちを操つれるそうです。



IMG_4386.jpg
IMG_4390.jpg
IMG_4381.jpg


この通り。
ドッグウィスパラーのようでした。

ガンドッグの方もかなり興味深くて面白かったですよ。




次回はお買い物辺かハンティングディスプレイにスポットを当てます。
まだまだ終わりませんよ!お楽しみに。


PS:コメントのお返事次回にします、ごめんなさい!
たくさんのコメントありがとうございます。

ビーグルまみれ旅(3)

2008.08.13 おでかけ
さてさて。今日は旅の目的であったフェスティバルを紹介。
B&Bのおっさんに近道を聞いて渋滞にはまることもなく到着。
ちょっとだけ迷ったけどね。
(次の日おっさんに「ちょっと迷った」って言ったら
「俺の地図に言いがかりつけるのか。どうやったら迷うんだ。」と
怒ってきました。)


前々回にも書きましたけども、このフェスはカントリーライフを紹介する
フェスティバルです。


もうね、来てた人たち、映画とか本とかで見たような英国の田舎に暮らす人たち
そのもので感動でしたよ。

ハンチング、トゥイードジャケット、ハンターの長靴着用率すごかった!


IMG_4106.jpg

IMG_4104.jpg



この人たちはですね、何をしているかと言うと
イギリスの昔からの手法、セメントを使わないで独特の石の積み上げ方で
家を建てる職人さんたちです。
真ん中に積もってる石を持ってきてはハンマーで叩いて余分な部分を割って
どんどん積み上げていました。
張ってある線は直線になっているか測るものらしいです。



職人さんたちを後にメインリングに進みます。

IMG_4111.jpg
IMG_4109.jpg


このイベントは終わりかけだったので何が起こってるのかさっぱり
わかりませんでしたけど
放送で「この後は各リングで犬の審査が始まります。」
と言ってたのですぐに移動しました。




どこへって?




IMG_4107.jpg


そりゃココですよ!


これは狩猟ビーグルのコンテストです。
それだけに犬の扱い方がすっごい雑でびっくりしました。
首根っことか掴んでましたからね。
ペットとしてではなく仕事犬として飼ってるんだなぁと実感しました。
犬は何とも思っていないでしょうけど私はお気の毒だと思ったりして。


ショーが始まる前に準備している人たちに目をやりました。
そこで見たもの!







IMG_4120.jpg
IMG_4121.jpg
IMG_4122.jpg

かわいすぎる~!!!!

1番上と下の写真に押しつぶされている子がいます。注目。


P1030218.jpg


IMG_4145.jpg


ショーに出す犬をセレクト。


それがですね、みんなが出たがるもんだから
この犬たちを出すのも一苦労だったんですよ!





首根っことか掴まれてかわいそうでしょ?!
(右のカサビアンのビデオの音は消してみてくださいね。)


IMG_4141.jpg

こういう服来た人たち、白黒が似合いますよね。
絵葉書によくあるよね、こういうの!



審査が始まりました。

IMG_4161.jpg
IMG_4163.jpg
IMG_4174.jpg
IMG_4266.jpg
IMG_4281.jpg
IMG_4290.jpg
P1030181.jpg
P1030180.jpg






ショーは何を競ってるのかさっぱりわからなかったんですけど
審査員がまわってくるまでに担当の人がビーグルたちを飽きさせないように
おやつを使っていろんなトリックというか面白い動きをするんですよ。










ビーグルたちは手の動きに夢中!



すごい雨だったので最後まで見ませんでした。
どの子が賞を獲ったのかわかりません。


次回はハリアーとフォックスハウンドの審査他です!お楽しみに!



今日の最後は出番待ちのビーグル(他フォックスハウンド、ハリアー)写真集!

P1030228.jpg
P1030234.jpg
P1030224.jpg
P1030239.jpg
IMG_4155.jpg
IMG_4158.jpg
IMG_4200.jpg
IMG_4203.jpg
IMG_4211.jpg
IMG_4213.jpg
IMG_4299.jpg

ビーグルまみれ旅(2)

2008.08.12 おでかけ
昨日書いた日記、下書きだったのに勝手に公開になってました。
キリのワルいとこで終わっててすみません。

気を取り直して続けます。

パブに行ったとこから続きですよね。

そうそう、パブではフィッシュアンドチップスをオーダーしました。


IMG_4057.jpg


パンがついてきたのは初めて。
炭水化物ばっかで重いですよね。

パブは出来合いのものが多いのですがこのフィッシュ&チップスは
手作りで美味しかったですよ。



IMG_4041.jpg


中だとチャーリーが鳴いたらイヤだったので外で食べました。
でもすっごい寒かったですよ。半そでだったんで死にそうでした。


北のほうはやっぱ寒いですね、私が住んでるのも北ですけど
更に北なんでむっちゃくちゃ寒かったです。
使わないだろうけどと思いながらも念のために詰めたババシャツや
ババズボン、分厚いジャンパーや靴下総出でしたよ。

IMG_4048.jpg
IMG_4051.jpg
IMG_4053.jpg


パブはきれいなお庭があってみんなフレンドリーでした。



そんなパブを後にB&Bに戻ります。


IMG_4069.jpg


帰り道で見つけたネコちゃんです。



IMG_4065.jpg


そしてこれは教会。



B&Bから少し走らないと湖はないのですが素敵な散歩道満載でした。
夜も遅かったのですがさっそく散歩へ出かけました。




IMG_4080.jpg

ちょっとした山に登りました。


IMG_4086.jpg
IMG_4092.jpg


夜遅かったのであまり歩けませんでしたがすっごく良かったですよ。
田舎はいいですねぇ。



次回はいよいよフェスティバルにスポットを当てます。
お楽しみに。



ビーグルまみれ旅行(1)

2008.08.11 おでかけ
予告しました通り、週末はビーグルまみれになってきました。

予告で載せたビデオはビーグルたち、写真はフォックスハウンドです。

そもそも偶然このイベントをネットで見つけたことが事の始まりです。
「近いうちに週末に湖水地方に行きたいな~。」と湖水地方のサイトを
開いたらこのイベントのお知らせが。
写真にビーグルや狩猟の様子が載ってたので
「これは絶対に行くしかない。」と
急いでチケットを買ってB&Bを取って出かけました。

このイベントとは。LOWTHER COUNTRY FAIR

わかりやすくいうと伝統的なイギリスのカントリーライフを紹介するイベントです。
狩猟なんか今禁止になってしまってますがそういう文化を紹介したりなんか
するイベントです。



ビーグルまみれに到達するまでに紹介することが少しあるので
申し訳ないんですけどビーグルファンの人は多分次回の日記で
たくさんのビーグルちゃんを見れると思います。



さて。今回泊まった地区はThrelkeldという地区でUllswaterという
湖の近くです。



P1030161.jpg


B&Bからの眺めです。



それが今回泊まったB&Bのオッサンがすごいキャラクターで
終始笑わせてくれました。
なんていうかなぁ~。漁師とか市場にいるおっさん、ダーツの旅に
出てくるようなおっさん、 イメージつかめますか?
人に質問しておいて答えを聞く前にどっかに行ってしまうような人でした。

チャーリーを見るなり

おっさん「おい、何だその犬は。」

私「ビーグルです。」

おっさん「いや、そいつはビーグルじゃねぇよ。」

私「正真正銘のビーグルです!」


おっさん「(首をかしげて)いやぁ、違う。色は合ってるけど顔がおかしい。
おれビーグル何頭か飼ってたからな。」



し・失礼な!



爆笑でしたけどね。

「まぁいいや。」と言いながらも「あれはビーグルじゃねぇ。」とずっと
つぶやいていました。


IMG_4012.jpg
IMG_4013.jpg

B&Bのお庭です。


おなかがすいたのでパブに行くことにしました。


IMG_4017.jpg
IMG_4022.jpg

行く途中の景色、キレイですよねぇ。




近くには食事もできて犬OKのパブが2軒。

どっちにしようかなぁ・・・・



IMG_4023.jpg


IMG_4024.jpg


VS


IMG_4027.jpg
IMG_4030.jpg


そりゃ下のパブでしょ、これだけハウンド連れられたらね、ファンとしてはね。

イギリスの伝統的なパブはやっぱいいですね、看板もおしゃれで大好きです。














予告

2008.08.10 おでかけ
週末に小旅行に出かけました。

すっごく楽しかったです。

疲れたのでレポは次回!










show.jpg


IMG_4543.jpg


圧巻でした!


無事帰宅。

2008.08.04 英国の犬
今日の新聞に面白い話が載ってました。

ビビアンさんは飼い犬のジャックラッセル(ジャービス)を車に乗せて
家からだいぶ離れた街へ散歩に出かけました。


ところが散歩の最中にジャービスがどこかへ行ってしまい、
2時間探しても見つからなかったので帰ることに。



帰宅最中、一緒に探していたドッグウォーデンの人から、
「フェリーの乗組員がジャックラッセルがフェリーに搭乗してるのを
見たと言ってます。」と電話がありました。


その後少ししてビビアンさんのパートナーが

「ジャービスが家に着いたよ。」


と電話してきたそうです。





そうです。ジャービスはフェリーに乗って向こう岸の自宅まで
帰ったんです。
誰かが乗せた訳でもなく、自分で乗って、自宅近くの降り場で
自分で降りて降り場から家まで約3キロ半歩いて自分で帰ったんです!


すごくないですか?


しかもビビアンさんより早く家に着いたようで・・・・



あきらめてたビビアンさんは当然大喜び。

「もう会えないと思ってた。」と。


犬ってそういう本能があるんですかね?
こういう話よく読むんですけどいつもジャックラッセルなんですよねぇ。
賢いんですね、ジャックラッセル。


チャーリーだったらちゃんと戻ってこれるのかなぁ?




写真はビビアンさんとジャービス。


jarvis-jack-russell_785218c.jpg