スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dog Exhibition

2008.11.22 おでかけ
私はアートとか大嫌いなんですけど(全然良さがわからん。)
今日美術館に足を運んできました。

目的は音楽関係の展示会だったんですけどね、

DSC_0399.jpg
DSC_0413.jpg
DSC_0417.jpg
DSC_0409.jpg
DSC_0405.jpg
DSC_0404.jpg


こんな感じの。(ちなみに展示会最高でした。)

あまり音楽に興味のない皆さんを退屈させてもよくないので
本題に移ります。

美術館ではビクトリア時代の街並みなんか再現したエリアなんかも
あってそれを紹介しようと思ったんですけど
今日はあまり時間がないので別の部屋で行われていた
DOGの展示会を紹介します。

DOGの展示会は世界の子供達が身近な犬や自分の犬を
テーマに絵を描いてその犬はどういう犬なのか
自分とどう関係があるのか説明を書くというものなのですが、
子供達、結構ウマイですね。絵が。
特に中国人、上手かったです。

サウスアフリカになると結構野良犬の悲しいストーリーが
多くて読めませんでした。



ニューヨークの子供達は非常に絵がウマイです。
10歳くらいですよ、みんな。



DSC_0494.jpg
DSC_0495.jpg



イギリスなんて

DSC_0493.jpg


ですよ。

ビーグルっぽいけどどうなんでしょうね。
この子(11歳)の犬、死んでしまったそうですが思い出を元に
描いた絵だそうです。
絵は下手ですけどストーリーはよかったです。





私が1番気に入った絵?






これでーす!







DSC_0492.jpg

この絵を描いた子は10歳。

彼の犬は11歳のビーグルで食べ物が大好きだそうです。
(まぁどのビーグルもですけど)
テーブルに上ったり、かなりの距離ジャンプしたりして
食べ物を捜すそうですよ。
そしてこの子のバックパックにも顔を突っ込んで彼のミントを
捜して食べてしまう、

と言っています。


我が家でも最近似たような話が繰り広げられていますが他人事だと
微笑ましいストーリーですよね・・・・


それにしてもこの絵むっちゃカワイイです、絵本にして欲しいくらい。


スポンサーサイト

すごく流行ってるらしいです。

2008.11.14 日常
今日ニュースで見たんですけど
アメリカの誰かが柴犬の子犬の小屋に
ウェブカムを設置してネットで見れるように
しています。ライブです。


ここで見れます。


何でもミリオンヒットなんだとか。


確かにかわいい。今寝てるみたいだけど・・・・

これは何の宣伝でしょうか?

2008.11.12 日常
最近私が好きな宣伝です。





何の宣伝かわかりますか?




正解は



メガネ屋です。



羊の毛を刈るおじさん、目が悪くて見えないばかりに
自分のシープドッグの毛を羊と間違えて刈ってしまい、


「メガネ屋にいっておくべきだった・・・・」


というオチです。



このワンちゃんの刈られた後の情けなさがかわいいんですよねぇ。



ちなみにこんなのも見つけました。


この宣伝を見ると歌いだす犬。






チャーリーはこういうことしないけど歌う犬っていますよね!

イギリスで1番ブサイクな犬

2008.11.06 英国の犬
今朝テレビを見ていたら犬が生出演していました。

何でも「イギリスで1番ブサイクな犬」だそうです。


article-0-02572CB5000005DC-480_468x431.jpg


名前はHUBBLEです。


多分ケンカに巻き込まれて鼻の下の方を噛まれて
歯を失くしたのではないかといわれています。


事情がはっきりしないのはHUBBLEは森の中で木につながれて
捨てられていたから。



世の中にはほんっとうに冷たい人間がいるんですね。
そいつを木につないで放置してやりたいくらいです。



今はドッグストラスト(チャリティーがで面倒を見ていますが
新しいお家を探しているそうです。


全然ブサイクじゃない(逆にカワイイ)けどこれで国民の注目を
かったのですぐに素敵なお家が見つかると思っていますが
どうでしょう?


article-0-02572CBF000005DC-270_468x649.jpg










恐ろしい事件・・・

2008.11.05 英国の犬
先日新聞で恐ろしい記事を見つけました。


スプリンガースパニエルのラスカル君の耳がシュレッダーに
挟まってしまったそうです。


ラスカルがシュレッダーに近づいたときにセンサーが作動、
横に居たラスカルの耳を刻み始めたそう。


飼い主はシュレッダーをリバースモードにしてみたものの、
挟まれた耳が出てくるわけもなく、
シュレッダーごと病院に直行したそうです。


獣医が何とか歯を取り除いて耳を救出したものの
ラスカルは耳の下の方を少し失ってしまいました。


article-0-024563E4000005DC-995_468x405.jpg


見えますか?耳の下の方が切れています。
(ウェブでもっとたくさん写真が見れるので見てください。)


助かって本当によかったけどラスカルにはちょっとトラウマに
なってしまったようです。

そして飼い主はもっと高いシュレッダーを買ったそうですよ!



家には人間が気づかない危険がいっぱいあるものです。
愛犬のためにも気をつけたいですね。

特に垂れ耳同盟の皆さん、シュレッダーには気をつけましょう。



うるう年

2008.11.02 日常
IMG_5494.jpg


クールな犬でお馴染みのチャーリーなんですけど
稀に人のひざの上に飛び乗ることがあります。
その行為を「うるう年」と呼んでいます。
(あまりにレアなので。)


先日彼のお父さんが来たときにうるう年がやってきました。


私のひざの上にも乗ってほしいです。


今まで彼が1回、私が1回、お父さん1回 引き分けです。


何としてでも勝ちたい。チャーリーが1番愛しているのは
私であると証明したい。


我が家は「うるう年」は愛を量る基準としても使われています。