スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてかなぁー??

2008.12.24 英国の犬
先日このニュースを読んでたのですが。


「不況で捨てられるペット、施設は満員状態 英国

ロンドン(CNN) 生後13週間のボーダーコリーの隣には、
ボクサー系の子犬8匹。ロンドン市内の里親センターには、
飼い主に捨てられたペットがずらりと並ぶ。
不況に圧迫される家計を反映して、施設は満員状態 。」


コレはイギリスでも少し前から話題になってました。
そして新聞やTVでは里親を募集してるわんちゃんたちの
写真を載せて一生懸命里親を捜そうとしています。

地元の収容施設も満タンで収容しきれないほどで
一般家庭で預かって欲しいとお願いしてるくらいです・・・・



不景気でこんなとこにしわよせが来るとは悲しい限り。


でも。


安いエサなんて13キロで9ポンドくらいで買えるし、
保険だって1番安いのなら7ポンド、自分が生活保護を
受けていたら獣医費はタダだし、他に毎月お金がかかる項目が
見当たりません。
月にたった16ポンド(1800円くらい?)くらい払えませんか?!

年金で暮らすお年寄りならともかく普通に働いてる人には
払える金額だし日本に比べたら動物に関してはイギリスは結構サポートが
整ってると思います。


不景気の裏に何かある気がします・・・・


だってそんなこと理由に大事な家族手放せますか?
ホームレスだって犬飼ってる時代ですよ!!!




ある人はドッグストラストに現れ


「家のソファに合わないから。」


と犬を捨てていったそうです。


本当許せないですよねぇ・・・・・



私は今年もクリスマスラフル(前の記事参照)を売ってます。
少しでもそういうカワイそうなわんちゃんたちの役に立ちますように。


と思って売ってたんですけど最近大金持ちのおばあさんが亡くなって
なんと、ドッグストラストに3.5ミリオンポンド
(計算機で0が足りないくらい!)寄付したそうです!
これで当分は困らないでしょうね!!よかったよかった。


DSC_0352.jpg

「皆さん、よいクリスマスを!」





スポンサーサイト

うらやましい~!

2008.12.17 英国の犬
大分前に新聞で読んだのですが、
とんでもないお金持ちがいるもので、
750,000ポンドもする家を愛犬に建てているそうです。
日本円にしたら1億ですよ。

うちわけは

52インチプラズマTVと最新鋭サウンドシステム
(これだけで2000万)

他の犬を寄せ付けない!目で犬を認識するエントリーシステム

リビングルームに2ベッドルーム

羊の皮をあしらった昼寝用ベッド(温度調節可能)

自動エサやり&水やり機

室内温水プール

運動場(カメラ付き)





だそうです。


私が住みたいくらいなんですけどねぇ・・・



でも犬はコレが幸せかって言うと多分幸せじゃないでしょうね。
どんな小さい家でも飼い主の近くが1番幸せなんじゃ?!

私だったらチャーリーにいつも近くに居て欲しいです。



完成予想図です。


SNN2627U-682_661496a.jpg





5周年

2008.12.16 日常
うっかりしてたのですが昨日はチャーリと私が初めて出会った記念日でした。

5年になります。

5年前の昨日、チャーリーが我が家にやってきました。


なんだかんだアッと言う間でした。


かわいい5ヶ月のビーグルちゃんで
はじめはどう扱っていいのかよくわからず、責任の重さを実感して
ちょっと怖くなってましたが5年経った今ではすっかり
ビーグルエクスパートになりました。


とても頭がよくて大人しくて手がかからないいい子で
しつけというしつけはトイレしかしたことありません。


最近になって「盗み食い」をよくするようになりましたが
今まで悪いことをしたのは年に2,3回、
本当にいい子にめぐり合えて幸せです。


これからもできるだけたくさんの記念日が祝えるように
健康に気をつけてあげたいと心に誓った記念日でした。





DSCF0469.jpg

家に来たばかりの頃。歯ブラシ大好きでした。







ひと安心。

2008.12.12 日常
私の住む街に

「混雑税」

導入の話が出ていました。

コレはすでにロンドンで行われていて
混む時間帯に市内の中心地に乗り入れるときは
税金を先払いするというシステムです。


私が住む街もかなり渋滞がひどいんですけど
(あまりにひどいので仕事の時間帯をずらしてもらったくらい)
導入されたら会社に行くだけで1日5ポンドかかることに
なるので(約700円)絶対に反対だったんです。

しかも対象エリアがロンドンよりも断然広くて
税金がかかる時間帯もみんなが会社に行って帰る時間。
導入されたら大変です。



そこで「市民投票」で決定ということになり
今日結果が出る日だったんですけど


79%の人がNOに投票したようで
混雑税は導入ナシになりました




すっごい嬉しい!!!!!


ガソリンや道路税、自動車保険も死ぬほど高いのに
プラス毎日5ポンドなんて絶対無理。
会社に行くだけで1ヶ月ガソリン代のほかに14000円かかるなんて
考えられますか?




YESだった場合は公共交通機関に
すっごい投資が行われるようでしたが
イギリスにおいてこういうことは口約束だけであって
信用ならないから心配してました。


あーよかった。


DSC_0350.jpg

久々のチャーリー。元気です。


幸せ

2008.12.09 日常
注文していたものが届きました。


すごくキレイな和紙に包んであって会社のみんなも
(会社に届けてもらった。)「すごい」と感動していました。

中の箱はもっとかわいくてこれまた会社のみんなが
「すごい」と。




IMG_5629.jpg


きちんとした箱でキレイじゃないですか?




さて気になる中身は・・・・



バームクーヘンに並ぶ大好物。




IMG_5630.jpg





カステラです。2本注文して1本食べてしましました。


どこから取り寄せたかと言うと。



ロンドン吉兆庵


カステラは1本1000円ほどです。
きめが細かくてすっごい美味しかったですよ。

会社に着いたのでおすそ分けせずには居られなくなってしまい
周りに分けましたがイギリス人の評判も上場。

「Madeira Cakeに似てるね。」

と言われたのですがそれはタダのパウンドケーキです。↓





Newbuttermadeira.jpg


ヨーロッパ国内お届け可能だそうです。

包みもそうですけどレシートがきれいな子袋に入れてあったり
忘れていた「和」の心とか「気遣い」を思い出させてくれるいい
買い物になりました。










ビクトリア時代の町を再現

2008.12.03 おでかけ
前回から大分時間が経ってしましました。
イギリスは雪が降っていますよ、すっごい寒いです。


さて前回予告したしたビクトリア時代の町を再現した
展示会なんですけど小さいながらも充実していました。


DSC_0358.jpg

DSC_0357.jpg


入り口には衣装というか当時の服が置いてあって

「ご自由に着用ください。」

と書いてありました。
衣装を着て散策することも可能です。




DSC_0363.jpg


見づらいかもしれませんが靴屋です。
変な靴がいっぱいありました・・・


DSC_0365.jpg

誰かの家のようです。机の上にはスコーンが冷まされています。
やっぱイギリスといえば昔からスコーンなんですね。


DSC_0369.jpg

こちらは別の人の家です。
机の上のケーキは「ビクトリアンスポンジとういう今でも
イギリスで食べられているお菓子です。


DSC_0366.jpg



DSC_0388.jpg


街並みはこんな感じです。
ちなみに手前の男の子は「煙突掃除屋」さんだそうです!



DSC_0378.jpg

楽器屋。


DSC_0386.jpg


これも暗くて見づらいのですが雑貨屋です。


もっと写真があったのですが彼が勝手に消してしまったようで
あまり紹介できません、すみません・・・・

イギリスは博物館や美術館が無料なので嬉しいですね。
といっても普段は全然行かないのですが。