スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくりイギリス第2弾

2011.02.09 文化
これは去年の話になるんですが。

うちの娘がまだ10ヶ月くらいだった頃、
少し離れた町(治安が悪い)の
まぁ日本で言う児童センターへ
ベビーマッサージを習いに行きました。

そこにおばさんと若い娘が
男の赤ちゃん2人をつれて現れました。


おばさんが娘の双子を一緒に
連れてきてると思い、

「双子?」

と聞いたら

「違うよ、私の息子と娘の息子。」





エーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!





おばちゃんは息子と孫を
連れてきたわけです。


で、おばちゃんと思ってたら。




私より年下だったーーー!!!!!!!!!!





誰が見てもおばちゃん、なのに34でした。
で、娘は17。


娘はおばちゃんが17のときの子で、
その娘は今17歳、で、また子供産んでる。



しかもおばちゃんの赤ちゃんと娘さんの赤ちゃん、
2週間しか離れてないんだって。


コワーーーーー!!!


実母と2週間違いで出産なんてありえないーー!!!



蛙の子は蛙と思った瞬間でした。


というかイギリスはこういうことが良くあって
うちの娘を昼間に子供の集まる遊び場に
連れて行っても誰がおばあさんなのか
お母さんなのかぜんぜんわからないので
失礼がないように非常に気を遣います。



ちなみに英国で1番若いママは
11歳で妊娠、12歳で出産した子らしいです。


皆さんね、12歳の頃、何してましたか?
私はチェッカーズとCCBに夢中でしたよ。
子供がどうしたらできるなんてことも
知らなかったような・・・・





スポンサーサイト

イギリスの玄関先

2011.02.01 文化
すごい放置してしまってすみません。
ネタ不足。
本当に子供ばっかの日々でネタが
全然ないんです。

そんな中で今日はちょっとしたネタを
見つけました。


イギリスの玄関先にあるもの。
どの地域のどんな家でも
必ずあるもの・・・


何だと思いますか?



小人の置物?(イギリスならでは)
ハンギングバスケット?(花の入った吊るすバスケット)
植木鉢?






いやいや、



これですよ!



DSCF6298.jpg
(写真はうちの玄関先)



赤い輪ゴム!!




何だと思いますか?




私4年位前に玄関先だけではなく、
道端にも輪ゴムがいっぱい
落ちてることに気づいたんですけど、
謎が解けるまでにあまり時間はかかりませんでした。





これね、日本だったらありえませんよ。





答えは



郵便が束ねてある輪ゴム。


ゴミ箱に入れるとか、
持ち帰る、


代わりに配達員が道や人の玄関先に
捨てていきます。




本当、なんてモラルのない国なんでしょうね。




以前誰かがこの事についてどっかで
怒ってるのを見たのですが
私も結構怒っています。



拾っても拾っても
玄関先が輪ゴムでいっぱいになるし、
輪ゴムだってロイヤルメールのお金で
買ってるのに毎年切手は値上がるし。



今まで拾った輪ゴム(かなりの数!!)、封筒に入れて
切手貼らずにロイヤルメールに出してやろうか?!

できれば近所住民と協力してやりたいわ、
そしたら絶対輪ゴム5箱くらいになる!!



最近のチャーリー


DSCF5907.jpg

見境ありません、幼児にも食べ物ねだってます。